ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永陵。
もっと撫順を知りたい方→「撫順紀行


昨日、ちょっと触れたので、続けて撫順紀行の第6弾といきましょう。

第6弾は、

 「永陵」。

この永陵は、清の太祖ヌルハチのおじいさんや父親など先祖のお墓です。

ここも新賓満族自治県にあって、赫図阿拉城とも近いです。

永陵1
永陵2


規模的にはあまり大きくないですね、というよりも他のところが大きすぎるとも思えますが…。

最初は学校の遠足で行ったんですけど、そのときはここが何なのか全然知らなかったんですよ。満族のゆかりの地だということしか知らずに行って、後になって清王朝のゆかりの地だってわかりました、ははは…(^_^;)。

永陵3
↑この奥がお墓。

建物なんかは、何も知らなければ、どこに行ってもすべて同じ建物に見えるわけで。

その後お客さんが来たときに連れて行ったりして、わかった上で見るとまた違った感じに見えますね、なんとなく。

すでに3回くらい行ってます。

短期間の旅行で、1日とってこの地を訪れるのは無理があるとは思いますが、静かでいいとこですよ。

人も少なくて静かだというところが、マイナーなところということを表してもいます。

入場料は、これもたぶんですが20元くらい。

非常にいい加減ですがお許しを(^o^)。

この辺、ものすごく寒いところなんですよ。これから暖かくなるし、ゴールデンウィークなんかいいんじゃないでしょうかね。

確か去年の夏、大雨で途中の橋が流されてこの辺行けなくなってたと思うんですよ、できるだけ気候のいい時期に行くことをお勧めします。このもっと先だったかもしれませんが…。

といったころで、

それではまた、再見!
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
こんちゃw
いい所ね~
中国って本物の歴史を感じる。 なんだか
一人歴史の中の空想にはまって出て来れなく
なってしまいそうv-238
2006/04/25(火) 18:31:50 | URL | れい #-[ 編集]
いいですね。
テレビで最近、清朝のドラマがよくやってますが、こういう所に住んでいればよりドラマが身近に感じられていいですね。羨ましい。
2006/04/25(火) 20:50:57 | URL | 上海の風 #-[ 編集]
>れいさん
そうですね、ゆっくり物思いにふけりながらいたいですね、こういうところは。お客さん連れてだと難しいですが…。なので一人旅は結構好きだったりします。

>上海の風さん
いつもありがとうございます。
何をおっしゃいますやら!上海こそドラマの舞台になることが多いじゃないですか。
比較的新しいものが多いのかな?
でも住んでみたい街ではあります。
2006/04/25(火) 22:25:39 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yushan.blog58.fc2.com/tb.php/40-0806e962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。