ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赫図阿拉城。
もっと撫順を知りたい方→「撫順紀行


撫順紀行の第5弾は、

 「赫図阿拉城」(ホトアラ城)。

このお城は明の時代1603年に清王朝を創ったヌルハチによって建てられたお城です。

その後、1616年正月に「後金」を建国します。

それから都がどういう流れになるかというと、

 ホトアラ城
   ↓
 遼陽市の東京城
   ↓
 瀋陽市の瀋陽故宮(清の建国)
   ↓
 北京市の故宮

場所は撫順市の東部、新賓満族自治県。車で撫順から2時間くらいかかります。瀋陽からも撫順からもバスが出ていますが、乗ったことがないので、値段が分かりません。

このお城の一番重要な建物が汗宮大衙門。政治をやった場所ですね。
 ホトアラ城2


あとは、住まい↓
ホトアラ城1


城自体はあまり大きくないんですが、敷地は結構広くて、当時の民家を再現した建物だったり、井戸だったりが点在しています。
ホトアラ城3


ここの名前「赫図阿拉」というのは満族の言葉で、中国語で言うと「横崗」(平らな丘)で、確かに小高い丘の上にあります。

交通の便もあまり良くないので、旅行者がよく行く場所ではないですけど、北京の故宮へつながる第一歩だと考えれば、大変重要な場所だと思いますし、この頃の歴史に興味がある方なら、見る価値のある場所だと思いますよ。

入場料は覚えていないのですが、たぶん60元(約900円)。だいぶ前に行ったので確かではないし、調べてみてもどこにも載ってないんですよね。

興味のある方はどうぞ。ただし、1日がかりの旅になると思ってくださいね。近くにはまたアップしますが、永陵(ヌルハチの先祖の墓)なんかもあるので、一緒にまわると良いと思います。

それではまた、再見!


4月25日UP!

よくよく調べると、このお城、最近になって復元されたもののようですね。ちゃんと調べて書くべきでしたm(_ _)m。
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
中国のお城って歴が違うッテ感じですね!
歴史的建造物系、見るの好きなんで見てみたいです。

ブレッシアのユニ、とりあえず長袖だけバッジョのネーム入れましたよ~
3枚まとめては高かったんで…
2006/04/24(月) 15:33:54 | URL | KING MONKEY #-[ 編集]
>KING MONKEYさん
コメントありがとうございます!
いろんな国のものを見比べるとおもしろいですよね。わたしもいろんな所に行ってみたいです。

バッジョヘアでバッジョのネーム入りのユニホーム着るなんて、すばらしいですね!そのときは写真をアップしてくださいね(笑)。
2006/04/24(月) 22:22:52 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
こんにちは
なんだかきれいな写真ですね。
アジアが恋しいです。1603年ってすごいですね。イギリスは同じくらいにたれられたようなものが今もお店として大活躍しています。
2006/04/25(火) 17:20:44 | URL | narara #MiGEEDp.[ 編集]
>nararaさん
コメントありがとうございます。
イギリスなんかになると、全く違う雰囲気になるでしょうね。同じアジアと言っても、中国は色使いが違いますね。西安が日本に近い感じ。ていうか、日本が影響を受けた方でしょうが。
それと、このお城、よくよく調べてみると、最近になって復元されたもののようです。記事にも付け加えないと。
2006/04/25(火) 18:29:35 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yushan.blog58.fc2.com/tb.php/39-141864f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
年表を改めました。HTML5に対応しました。
2013/06/09(日) 10:05:00 | ぱふぅ家のホームページ
【更新】1648年、女真族と明軍が手を結び、李自成の反乱軍を鎮圧し、清を建国する。
2014/03/16(日) 12:05:40 | ぱふぅ家のホームページ
管理人の承認後に表示されます
2016/10/02(日) 14:15:13 |
管理人の承認後に表示されます
2016/10/18(火) 08:00:08 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。