ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮。
先日お伝えした北朝鮮のDVD、ざっと見てみました。

最初に中国との国境の都市、新義州市が出てくるんですが、ここは金日成の出身地でもあるみたいですね。ちなみに中国の都市は丹東市です。

万景台というところにあって、今は観光地みたいです。

↓これが幼少期を過ごした家
万景台


北朝鮮に対する印象なんかもナレーションに入っているんですけど、印象的だったのが、

「北朝鮮は天使でもなく、悪魔でもない。また、理想の国家でもなく、地獄でもない。」

いたって普通の国である。って感じですけど、そんなことがナレーションで出てくることが異常ですよね?

「人々は無表情で、それは国民は何も求めず、心を穏やかに暮らす境地に至っているようだ。」そして、朝鮮人がよく言うのが、「朝鮮では、指導者の声しかしない。」というところがちょっと異常な感じがしました。

金日成の幼少期からのことも出てきたんですけど、もともと、父親が反日運動の工作員として、中国の吉林に居たんですね!それで金日成も中国で育っているそうです。

通っていた中学も出てきますが、今でも使っていた机など、そのまま残してあるようです。そして中学時代から「マルクス・レーニン主義思想」の本を読みふけり、朝鮮の独立運動に興味を持つようになった、と言われています。

そして、吉林の北山公園で初めて青年同盟を組織した、と言ってその場所も出てきます。

それがこちら↓
吉林


機会があったら、吉林にも行ってみたいですね。なかなか見れるものではないでしょうからね。日本のガイドブックを見てもそんなこと書いてないですし、現地に案内があるかどうかも分かりませんが、学校にも行ってみたいですね。

あとは平壌の町並みや、他の観光地のことなども出てきますが、平壌の写真をお見せしましょう。

平壌1

主体思想塔


この塔は「主体思想塔」というみたいですが、高さ150mもある塔で、電力不足から停電になることも多い中、この塔と、金日成の銅像があるところの2ヶ所だけは、灯が消えることはないそうです。

北朝鮮の心のよりどころのようですね。

わたしの説明も下手なので、うまく伝えることができないのが悔しいですが、もし、街でこんなDVDを見かけたら、買ってみると面白いと思いますよ。なかなか見れないですからね。

丹東などでは北朝鮮グッズも買えますし、今度丹東に行ったときの写真もアップしますね。

それではまた、再見!
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず今日の報告 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yushan.blog58.fc2.com/tb.php/36-a226d8de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。