ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大船山~平治岳①
6月13日(土)のことなので、すでに一週間経ってしまってるのですが、最近アルピニストと化しているわたしはまたもや登山に行ってきました。

今回は九重の大船山から平治岳までの縦走。

九重は6月7日(日)が山開きだったので、夏登山の季節到来です。


長者原1

前回三俣山に登ったときはガラガラだった長者原の駐車場も思いっきり満車。

一体どれくらいの人がいるのだろうとちょっと不安になります。

5月の終わりから6月上旬はミヤマキリシマが有名で、わたしもこれが目当てなのです。


九重登山口1

朝9時に駐車場に着いて、早速登山開始です!

三俣山と同じくすがもり越というルートで坊がつるを目指します。

途中、硫黄山という煙がモクモクと出ている山を通りますが、当日はちょっと曇り空。

硫黄山2

硫黄山1 ←晴れてればこんな感じ。


ここまで歩いてみて、登山者がすごく少なかったです。

三俣山の登山口には休憩小屋があって、そこには結構な人がいたんですが、すでに坊がつるから戻ってきてる感じ。前日から泊まってたんでしょうか。

そこを抜けて行くと北千里浜という所に出ます。

晴れてたら景色も違うんでしょうが、不思議な雰囲気が漂う所でした。

北千里浜1

平らな所をズンズン進んでいくと岩がゴロゴロ。

北千里浜2

この岩場を下りていくと、九州本土で一番高い所にあるという法華院温泉に到着です。

実はここには小学生の頃来たことがあって、法華院温泉山荘に2泊か3泊して今回登る大船山などに登った記憶があります。

法華院温泉1

ここで標高1303m。

記憶の中にある法華院温泉より、大きく、キレイになってるようで、これなら快適に泊まれそう。

次回はここに泊まって、別の山に登るのもいいですね。

テント派の方は坊がつるキャンプ場がこの先にあるので、そこを拠点に九重連山を攻めるのがよろしいかと思います。

坊がつる1

坊がつる2


さぁ、これから本番だという頃になって晴れてきまして、俄然やる気が出てきます。

しかし、ここまで来るのにすでに2時間が経過してしまっていて、日帰りにはちょっと無理があったのかな、とやっと気付きました…(^_^;)

これから大船山、尾根を渡って平治岳までというタフなルートに挑戦です。

長くなってしまったので本番はいつになるか分からない次回に…。

スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yushan.blog58.fc2.com/tb.php/318-46dae674
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。