ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎮江駅。
鎮江駅
(2006年11月8日撮影 写真提供「中国留学情報」王九蛋さん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


江蘇省鎮江市の鎮江駅

「お酢」で有名なところですね。

地域で違いがあるのかもしれないですが、わたしの印象では中国は黒酢を使うことが多く、そのラベルにはよく「鎮江」の文字が付いてます。

この鎮江市でわたしが注目しているのが北固山にあるという阿倍仲麻呂の歌碑です。

遣唐使として中国に渡り、日本人でありながら科挙に合格した優秀な人で、唐の玄宗皇帝の許しが出て日本へ帰国するときに船に乗り込んだのが鎮江なのだそうです。

結局船は暴風雨に遭い、現在のベトナムに流されてしまいます。

そのとき阿倍仲麻呂が死んだと思った李白は別れの詩を詠んだりもしてるんですよね。その後中国に戻って日本に帰ることなく生涯を終えるようですが、日本人としてはそういう土地で歴史を感じてみたいなと思うのですよ。

鎮江に行ったら最優先で行こうと決めています。
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
鎮江の黒酢。。。向かいの揚州への大きな橋もかかって好調の発展を続けています。
ここは、駅から少し歩いた町中の恒順という香醋会社の前に行くと、表通りまでお酢の香りがただよい、量り売りの醋を人々がポリ容器などを持って買いに来ます。香りで足踏みしたくなる感じ(どんなんやねん!)になります。
その斜め裏の丘にあるのが、かのパールバックの故居です。大地を書いたパールバックはこの町で育ち、後に教師として戻ってもきています。なんとなく素朴な、でも結構でかい町です。蘇州や南京からバスで簡単ですし、新幹線列車も一部止まるから、ぜひおでかけください。
2008/03/22(土) 23:22:27 | URL | 大閘蟹 #-[ 編集]
>大閘蟹さん
おひさしぶりです!
お酢のイメージくらいしかなかったのですが、いろいろあるんですね。
「大地」は読んだことないのですが、何かますます行きたくなりました!
2008/03/23(日) 22:31:17 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/24(月) 17:36:46 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yushan.blog58.fc2.com/tb.php/299-0f0079da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。