ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開封~山陝甘会館~6日目①
山陝甘会館1

河南省の旅をまとめて見るこちら


さて、いよいよ河南省の旅も最終日。この日は鄭州を一日回ろうと思ってたんですが、鄭州に行く前に一つだけ見に行きました。

それは山陝甘会館。入場料は20元(約300円)です。

清の乾隆年間(1736~1796年)に山西省、陝西省、甘粛省の商人たちが造った会館。


山陝甘会館2

山陝甘会館3


当時、莫大な資産を築いていた商人たちが建てたところなので、細かいところまで贅沢に造られていて、建築、彫刻、塗料、絵、などまれに見る古代芸術の宝庫と言えます。

彫刻なんかはかなり派手ですよ。

山陝甘会館4


かなりの勢いだったことがこういうのを見ると感じられますよね。

で、関林廟のときに関羽は商売の神様として祀られたりしてるって書きましたが、ここにも関羽が祀ってありました。そこで思い出すのがその記事のコメントで福若さんが書かれていたもの。

そのまま書きますね。


===========================

関羽がなんで、商売の神様になるのかと言うと
↓の説があるそうです。
完全に受け売りですが、よかったら参考までに。
関羽の出身は山西省の解という地方です。
といえば中国通の方はご存知でしょうが、
塩の生産地(岩塩)なんだそうです。
で、中国のマフィアといえば代々塩の闇商売
が大きな資金源で、(日本でも塩やタバコは
最近まで専売制度でしたが、このほかに茶も
専売だった時代が長くあります。 )
当然公権力を敵に回しての商売ですので
武装している場合が多く、 さらに全国的闇
のネットワークをもっている頼もしい(恐ろしい)
お兄さん方が多いらしいんです。
関羽も若い頃はこのネットワークの用心棒を
やっていたというのが定説ですが、宋から清
までの中国で全国的な規模で商売をしていた
のが安徽と山西の二省(どちらも今では貧乏
省ですが)。貧乏だからこそ、外に出て行って
商売をしようという背景があるのかも。
で、結局塩の闇商売・全国に支店を持つ
山西商人の同郷という事で商売人が
祭るようになった
というのが定説です。
と、この他にも説があるそうですよ。
2007/03/19(月) 13:12:17 | URL | 福若 #-[ 編集]

===========================


これ結構当たってるんじゃないか、って思いますよね。ちょうど山西省の商人も絡んでるし、実際のところは説明書きがあった訳でもないので分からないですが、そこに関羽が祀ってあるのって偶然ではない気がします。


山陝甘会館5


誰か詳しい人いないかなぁ…。

一通り見たら、この日は鄭州まで行って観光して汽車に乗るというスケジュールだったので、そそくさとバスターミナルへ。

しかしここでも問題発生!

バスのチケット買おうと思ったら、おばちゃんが無いって言うんですよ。本当なら30分だか1時間に1本バスがあるはずなんですが、人が多すぎてバスが無いって…。人が多すぎてバスがないって理由もよく理解できないのですが、無いものはしょうがない。でも確かもう一個バスターミナルがあったはずだと思い、外に出ました。

外に出てみると…

ちょうど鄭州行きのバスが通りかかって、何人か乗り込んでます・・・。なんじゃこりゃ!

わたしも負けちゃいられないんでバスに飛び乗ると、車掌が「席ないけど、いい?」

立ったまま鄭州まで行くのはキツイけど、帰れないよりいいですからね、そのまま乗りました。しかも来るときより1元高くなってて8元(約120円)。

人が多いからバスターミナルまで行かずに客乗せてるんじゃないか?っていう疑いを持ちましたが、真相は分からずじまい。でもバスがないからって諦めずに周りを見渡すのは重要なようですよ!洛陽でもそうでしたけど、チケット持ってない人がどんどん乗り込んできてましたしね。ホント、無法地帯です…(^_^;)

しかし、汽車の切符といい、バスといい、この旅でのわたしはかなり運が良かったです(笑)。何だかんだで動けないってことはなかったですからね。こういう綱渡りも終わってみるといい思い出だったりします。

ということで無事開封をあとにし、鄭州に向かいます。

つづく。

↓開封の城壁↓ さようなら開封。
開封の城壁

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
コメント採用、ありがとうございます。
ワタシも仕事でめっちゃ忙しく
ブログの方更新できてません・・・。
月末には更新できると想うのですが・・・。
で、まずは御礼までということで。
2007/04/19(木) 08:35:05 | URL | 福若 #-[ 編集]
>福若さん
いえいえ、こちらこそいつもコメントありがとうございます。
仕事が優先ですし、お互いゆっくりいきましょう!
2007/04/29(日) 15:57:19 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
関帝廟
こんにちは。
横浜の中華街にも関帝廟がありますが、どんな意味があるのかやっと分かりました。
私も中国でバスに乗り、8元払いました。
基本的には切符を買うのですね...
2008/03/30(日) 18:15:11 | URL | かさぶたろぐ #9DouNRUg[ 編集]
>かさぶたろぐさん
コメントありがとうございます。
横浜の中華街にもあるんですね!
バスは長距離だと事前に切符を買うことが多いと思います。
中距離だと乗った後とかいろいろですね。
2008/03/31(月) 23:46:18 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yushan.blog58.fc2.com/tb.php/186-9ecc0c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。