ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開封~禹王台公園、繁塔~4日目①
河南省の旅をまとめて見るこちら

前日開封行きのバスがなくなったので、鄭州に一泊してようやく開封を目指します。

朝はゆっくり起きたので、バスターミナルに行ったときにはすでに長蛇の列(ちゃんと並んでることにビックリ!)。なんとかバスのチケットを手に入れ(7元=約105円)、11時くらいに開封到着。バスは席も前後がゆったりしてて快適でした。

開封は地方都市って感じでこじんまりしてて、春節の人ごみでウンザリしてたわたしには好印象。鉄道駅とバスターミナルは中心部からちょっと離れているので、宿は中心部にとった方が観光には便利だと思いますね。

ガイドブックを見ると駅の近くの2ヶ所だけ他のところと離れているので、時間節約のため宿を決める前にそこを見に行きました。駅を出て右側のバス停からバスが出ています。


禹王台公園1


まず行ったのは禹王台公園で入場料は5元(約75円)。

ここにある禹王台というのは、ちょっと高台になっていて治水工事で功績のある夏の国の開国の主といわれる禹王を祀った禹王廟があるところで、明の時代(1523年)に建てられたものです。

夏王朝についてはこちら
「中国まるごと百科事典~夏王朝」
http://www.allchinainfo.com/history/period/xia.html


禹王台公園2


春秋時代の晋の国の盲楽師師昿がよくここで楽器を奏でていたので「吹台」とも言われ、中にはこの師昿の銅像もあります。また唐代の詩人李白杜甫高適の3人がここで会ったと言われていて、三賢祠にはこの3人が祀られています。

禹王台公園3


その他新しいものだと辛亥革命記念園。1981年に河南辛亥革命11人の烈士の墓をここに移転してきたって書いてあったんですが、残念ながら何のことだかわかりません。

かなりだだっ広い公園で、人も少なくて寂しい感じのところでしたが、開封市は日本の戸田市と友好関係にあるようで、1994年に友好10周年を記念して桜園を作ってあります。ありますが…。

禹王台公園4

この記念碑、ちょっと字が情けなくないですか?もうちょっと字を大きくして、「桜」の字は下に移した方が見栄えがいいと思うんですがいかがでしょう?

あとはこれといった見どころも無く、裏門から出て歩いて繁塔を目指しました。公園からも見えていて、歩いて行くことができます。この辺はかなり古い、北京の胡同とはちょっと違った雰囲気の街並みが残っていて、意外に味があるところでした。

繁塔周辺の街並み1


で、ここを歩いていて気付いたんですけど、自分が暮らしたことがある瀋陽や撫順では門に「福」の字を貼り付けているんですが、この辺では関羽みたいな絵を貼っているんですよ。ところ変われば習慣も違うんだなぁと実感。ほとんどの家がこんな感じでした。おもしろいですよね。


繁塔周辺の街並み2


そして繁塔が現れます。高さはあまり高くない。

街角から見る繁塔

繁塔1


この繁塔、開封市の中で最も古い建物で、北宋の時代(974年)にできたものです。最初は9層の建物だったようですが、現在は3層になっています。ガイドブックには黄河の氾濫で地下に埋まってるって書いてあるんですが、ここの説明書きには壊れて(中国語で“塌”と書いてある、これって埋もれてって意味もあるのかな?)3層になってると書いてあるので、どちらが正しいのでしょうか?

表面にブツブツが見えるのは小さな仏像が彫られているからで、近くで見るとこんな感じ。

繁塔2


無料で上まで上がることもできます。こんな階段。

繁塔3


そんなに高くないんですけどね、上まで上がると街並みも一望できます。

繁塔4


入場料も10元(約150円)と良心的だし、こういう塔は中に入るとお金が必要だったりするとこが多い中無料だし、周りの雰囲気とあわせて楽しみたいところです。

この周辺もちょうど春節ということで、たくさんの花火や爆竹が売られてて、いたるところでバンバン鳴っておりました。こんな大きな爆竹日本じゃ見ないですよね(笑)

繁塔付近の爆竹売り


この後は荷物を取って市街地へ宿探しに行きます。後半へ続く。
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yushan.blog58.fc2.com/tb.php/178-c5ea2cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。