ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平頂山。
もっと撫順を知りたい方→「撫順紀行


撫順紀行の第2回目、今回は日本人にとっては、あまり行きたくないと思う方も多いかもしれません。

なので、読みたくない方はスルーしてください。

前回紹介した石炭の露天掘りのすぐそばにある、

 「平頂山惨案遺址」

ここはどういう所かといいますと、

1932年9月16日、それまで撫順で反日行動を繰り返していた中国人がこの平頂山に逃げ込み、日本軍も犯人探しをするものの特定することもできない、住民は協力しない、という状況の中で、

反日行動への報復、そして見せしめとして、この平頂山の全村民約3000人を虐殺。そしてその罪を隠すため、ガソリンを撒いて死体を焼き、そのまま埋めてしまったといわれる所です。

ここには「平頂山殉難同胞遺骨館」という建物があり、約800体の遺骨がそのままの状態で保存されています。

土に埋もれたまま保存されているその様は、異様な雰囲気ですね。

さすがにこの中を写真に撮る勇気はなかったので、写真をアップすることはできませんが、言葉を無くしてしまいます。

楽しい観光地ではないので、辺りもひっそりと静かで、何かそこで笑うこともためらわれる、そんな感じです。

他の方の旅行記なども読みましたが、「楽しい旅行に来てるのに、なんでこんな所を見せるんだ」という苦情が出たりするので連れて行ってもらえなかった、行ったけど中には入れてくれなかった、など見ていない方もたくさんいらっしゃるようですね。

人数の根拠がないという意見などもあるようですが、やはり事実は事実として、受けとめることも必要かな、と思います。

と同時にこのまま展示され続けるこの方たちは、どう思ってるのだろう?などとも考えてしまいますね。

歴史に興味をお持ちの方は、撫順という街は清王朝の祖ヌルハチの出身地であったり、戦争時のことを見る重要な土地だとも思いますので、その遺跡巡りにいらっしゃるのも意義のあることだと思いますよ。

まだまだ撫順紀行も続けていきますので、よろしくお願いします。

↓これは、平頂山の記念碑です。
記念碑


時間  9:00~16:00

休み  なし

入場料 10元


それではまた。
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
高校時代の歴史の授業と撫順という町とが点と線で結びつき、驚きました。大学時代はこの先生→
ttp://tibet.que.ne.jp/okamenomori/index.html
の授業を受けたりして…、今でも中国への関心をうっすら持ってます。人は偏見(pre-judice)を持つものですが、できる限り冷静で公平にみたいものです。ゆーしゅんさんの現地ネタはありがたいです。毎回楽しみにしています
2006/03/29(水) 23:23:08 | URL | こたろう #-[ 編集]
>こたろうさん
はじめまして。
こういう記事ってどうなのかな?なんて思いながら書いたんですが、そう言っていただけるとうれしいです。
これからもよろしくお願いしますね!
2006/03/30(木) 00:04:05 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
すみません
えらそう事コメントしたくせに、大変な失礼をしてしまいました_(._.)_
ゆ~しゃんさん申し訳ない
2006/03/30(木) 00:12:31 | URL | こたろう #-[ 編集]
そんなことないですよ(^o^)。
また遊びに来てくださいね。
2006/03/30(木) 22:20:04 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
取り返しの付かないこと
 私もここの管理人と一緒に留学していたことがあるのですが、
人柄・信頼を気付けるところが、こういう記事を書けるところだと思います。

>このまま展示され続けるこの方たちは、どう思ってるのだろう?

 同感です。
特にご家族の方達には、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 でも、そこに日本語で説明が書いてあるところに、お互いに二度とこういうことはしない。
という意思を受け取れます。

 そこで、どっちが先でもいいですが、瀋陽の中山広場、南駅にも行ってもらいたいですね。
感動しますよ。
私も瀋陽ホテルに泊まってきました。

思い出すと涙が出ます。
本当です。

そして、未来に続けようと意思を感じます。



 で、このような記事にこういうことで締めくくるのは無神経かもしれませんが、
コミュニケーションには笑いは大事だよね、ってところで・・・
2006/03/31(金) 22:22:07 | URL | 芭蕉 #-[ 編集]
>芭蕉さん
コメントありがとうございます。
補足しますと、瀋陽ホテルというのは、旧大和ホテル、南駅は瀋陽駅で旧奉天駅ですね。
昔の建物も現役です。
2006/03/31(金) 22:47:26 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
はじめまして
ゆーしゃんさん。はじめまして。
平頂山って本当にあるんですね!西遊記の中で出てくるんでてっきり物語の中だけかと思ってました^^
歴史の傷痕というか、凄い過去ですね。一度は行ってみたいです。
2006/04/03(月) 10:39:03 | URL | 上海の風 #-[ 編集]
>上海の風さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
百聞は一見にしかずですね。ぜひおこしくださいね。
2006/04/03(月) 12:17:32 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
改築工事は?
ゆーしゃんさん
私はこのブログも参考にして、昨年(06年)11月に撫順に行ったのですが、残念ながら
平頂山殉難同胞遺骨館は改築工事中でした。
そうとう規模を拡大するようで、印象として巨大タンカーのような建物を作っている最中でした。
瀋陽の知人の会社の車でいったのですが、運転手(プロ)は、場所を知らなかったので少し迷いましたし、なんで日本人でそんなところに行きたがるんだとも言われました。
ところで、この工事はそろそろすんだころかと思うのですが、現在は開館しているのでしょうかね。
ここは心残りで、もう一度行きたいのですよ。

今、CCTV新聞(中央電視台)では長崎市長が射殺された事件を報道しています。
何時の世も、暴力にはきちんと立ち向かわないと、とあらためて感じます。
2007/04/18(水) 12:10:43 | URL | 大閘蟹 #-[ 編集]
>大閘蟹さん
改築工事で見れなかったという方は多いですね。
平頂山は市街地からちょっと離れてるんで普通はあまり行かないところです。
わたしも一回きりですし。
何か分かったらお知らせしますね。
2007/04/29(日) 15:38:11 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yushan.blog58.fc2.com/tb.php/17-298dda6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。