ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少林寺1日ツアー~2日目②
少林寺1


河南省の旅をまとめて見るこちら


さて、「少林寺1日ツアー~2日目①」ではお目当ての少林寺まで紹介できませんでしたので、今日はその②です。

う~ん、やっと少林寺にたどり着きましたね。入場料は100元(約1500円)です。

まず駐車場に着くと写真の銅像が出迎えてくれます。

で、入り口から歩いて行くと歩道はかなり整備されていてきれい。

少林寺2


ここを歩きながらわたしはものすごい違和感を感じてしまうのですが、なんていうか…


…開発し過ぎ!!


もう一大テーマパークですよ。

やっぱり少林寺と言ったらですよ、人里離れた山奥でひっそりと修行に励む、そういう「インドの山奥で」的なイメージってないですか?観光客はその修行してるお坊さん達をこっそり見学して帰るっていう。

例えば日本で伊賀や甲賀の忍者の里に行って、大きく開発されてたらなんか引いちゃいます…。(実際あるのかも、どうなってるのかも知らないですが…)

周りは山に囲まれてるし、元々はそういう感じだったんでしょうね。

入ってすぐ、少林寺の演武があるというので少林寺武術館へ向かいました。

少林寺3


ここでは1日に数回、観光客に演武を見せているんですよ。で、ここで注意なのですが、演武を見終わると建物の中に無料のお土産コーナーみたいなものがあるんですけど、行かない方がいいようです。無料なんてあり得ませんし、ガイドのお姉ちゃんが言うには高いらしいです。まぁ、何か記念が欲しければ別ですがね…。

演武の様子はというと、こんな感じ。

少林寺4


頭で何か割ったりとかですね、確かに鍛えてなきゃできないのは分かるんですよ。

でも…


…お前らは少林寺と言う名の雑技団か!と。


こんなにひねくれた物の見方しないで素直に楽しんでいればいいんでしょうけどね、刀みたいのを頭で割ってるのを見たときは、白いギターでもあげようかと思いましたよ。(これが分かるのは中年以上でしょうね 笑)

そして演武を見たら正真正銘の少林寺です!

少林寺5

少林寺6


当たり前ですけどお寺ですね…(^_^;)

三十六房はどこだ!木人拳は!!と探してみたものの、そんなものはどこにもなく…(T_T)、まぁ、さっきのテーマパークじゃないですけど、三十六房や木人拳があったらそれはそれで映画村なわけで…。

実際に少林寺にはちゃんとした歴史があって、北魏の時代(495年)に建てられ、その後527年にインドの僧、普堤達磨が禅宗を開いています。

この達磨は少林寺から1時間ほど登った山の中の洞窟で9年間も修行をしていたそうです。そこを達磨洞というんですが、今回は時間がなくて行けませんでした、ツアーの悲しさです…。

しかしその達磨洞にあった9年間の達磨の修行によって影が付いたと言われる面壁影石は少林寺の中に保存してあります。

達磨の面壁影石


見えるような見えないような…。

その他少林寺の隆盛をあらわすものとして、こんなものも。

少林寺7


明の時代の鉄のかまど。直径1.68m、深さ0.83m、重さ650kgもあるものなんですが、料理を炒める際に使った“小鍋”なんだそうです。大鍋は一体どのくらいなんだろう…。


少林寺を一通り見た後は塔林へ。

塔林1

塔林2


塔林というのは少林寺の歴代僧侶の墓で、古くは唐の時代のものが残っています。

これが現存する最古の塔で、

塔林3


唐代(791年)の法玩禅師の塔。こんな古いのが残っているのも驚きですね。

この塔林が一番奥にあるんですけど、歩くと30分はかかってしまうので、5元(約75円)で車に乗って集合場所へもどりました。


そして最後に向かうのが白馬寺

と、ここでアクシデント発生!!

このツアーに参加してた10人ぐらいのグループがいたんですけど、この人たち観光に来たんじゃなくて、嵩山に登山に来たってことで、朝、途中で降ろして夕方少林寺の駐車場で合流することになっていたんですよ。

登山に行くのになぜ観光用のバスに乗ったのかは不明なんですが、こやつらが40分くらい遅刻して戻ってきましてね…。

白馬寺を見るには遅すぎる時間になってしまったのです。

とにかく見れるかどうかわからないけど行ってみることになって、到着したのが閉まった後…( ̄Д ̄;)

ガイドのお姉ちゃんがなんとか交渉してくれて、入りたい人だけ料金は普通に払って速足で写真撮ってきていいとOKがでました!ラッキー!!

窓口は閉まってたので券はもらえず、急いでいたので忘れたんですけど、入場料は確か30元(約450円)だったと思います。間違ってたらすんません。

なので駆け足で写真だけ撮ってきましたよ、かなり疲れた。

白馬寺1

白馬寺2


白馬寺というのは後漢の時代(68年)に建てられた中国最古の仏教寺院。

敷地は結構広くて、全部写真に撮るのはかなり大変だったんですけど、機会があればゆっくり見てみたいですね。静かな佇まいの立派なお寺でした。(っていうか閉まってたから静かだったのかもしれませんが…)

こうしてなんとか無事少林寺1日ツアーを終え、ホテルに戻ったのでした。

そして洛陽駅へ鄭州~瀋陽の汽車の切符がとれるか買いに行ったのですが、冷たく「売り切れ」の言葉…。西安の先にある五丈原に行こうかとも思ってたのですが、切符確保が先決なので3日目は鄭州へ切符確保に向かいます。

それでは3日目へつづく。
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
コメントありがとうございました!

少林寺の本家っすね~。
いいなぁ~、なんか肌で感じれそうです。
でも、どうせ実技を見れるなら
子供じゃなくて大人のやつが観たいっすね(笑)

岩に影がつくほどの修行・・・
ん~、奥深い。ぜひ行ってみたいです。
少林寺って1度は憧れますよね~☆
2007/03/19(月) 15:44:18 | URL | あっち #-[ 編集]
>あっちさん
こちらこそコメントありがとうございます!
少林寺って一度は行ってみたいところですよね。
映画なんかでも見たことあるし。
ぜひ行って肌で感じてみてください!!

あっちって自分もそう呼ばれることがあるので変な気分です(笑)
2007/03/19(月) 15:56:52 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
ジェットリーのようにカッコよく少林寺拳法を繰出してみたいですw
2007/03/19(月) 20:28:33 | URL | ZENRA-MAN #99DFA69w[ 編集]
>ZENRA-MANさん
さすがは少林寺、真似して記念撮影する人がそこら中にいましたよww
2007/03/19(月) 22:53:51 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
確かに演武は、修行してできるようになったのか、練習してできるようになったのか微妙ですね。。。
いづれにしろ、ブログを読んでいるとこちらも旅行した気分になるので、楽しみにしてます~☆
2007/03/20(火) 22:32:57 | URL | きー #-[ 編集]
>きーさん
そこなんですよ!
実際、少林寺って強いんでしょうかね??
旅行記って思ってたよりも書くのが大変で…(汗)
途中に関係ない記事がときどき入るのはお許しください(笑)
2007/03/21(水) 17:34:31 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
少林寺
『少林寺』は、テレビや映画で良く出て来ますが、本当に強いのかは疑問ですね。
2007/03/21(水) 19:38:45 | URL | 浪漫飛行 #us2hmNns[ 編集]
>浪漫飛行さん
そうですよね!
戦ってるところ映画でしか見たことないし。
2007/03/21(水) 21:03:07 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yushan.blog58.fc2.com/tb.php/167-81f56bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。