ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初体験。
誕生日にはたくさんの心暖まるコメント、ありがとうございましたm(_ _)m

枯れ果てた大地に水を注いでいただいた、そんな心境です。

そんな今日は無性にカレーが食べたくなり、ひさびさに作って食べました。

美味すぎです!!(自画自賛)



先週は出張で中国国内のとある都市へ行ったのですが、ちょっとした予定変更もあり2泊3日の旅になったのですが、今日はそのお話。

わたし自身の仕事は初日に片付いてしまったので、後はリラックスして同行しておりました。

その中でとある炭鉱に行ったんですよ。

日本では炭鉱はとっくに閉山になっていて、活きた炭鉱に入る機会なんてないでしょ?

配管ラインの見学ということで、わたしも後学のために入れてもらいました!!


炭鉱初体験です。


日本では閉山になった金山が観光地化されているとこには行ったことあるんですが、現役の炭鉱なんて初めて。

入れたのはほんの入り口近くなんですが(奥は粉塵が舞って汚いし、何より危険)、雰囲気だけは堪能することができました。

まず、炭鉱に入るときには、パンツまで全部用意された服に着替えます。
(奥まで行けば汗かいたりして汚れるので。)

そして残念ながら坑内は写真が撮れないんですよ(-ε- )。

これはフラッシュや電池が火源になるためで、爆発事故を防ぐ為です。

そして腰にはマスク、完全に周りをコーティングされたバッテリーとヘルメットに付けるライト(中は真っ暗)。

これらをベルトで巻いていくんですけど、これが重い(*_*)!

一般の作業員は一旦坑内に入ったら10時間中で仕事をするらしいのですが、腰に重たいものを付けての作業はかなり腰にくるらしいです。

ちょうど下に降りたときに交代のために作業員が帰ってきたんですけど、みんな顔から全身真っ黒!!

一つ間違えば爆発事故で死んでしまう環境で10時間の作業をこなしている男たち。

日本でもそうらしいですが、命を懸けた男の仕事という誇りを持って、みんなの結束はかなり固いそうですね。そして情に厚く人間味があると。

高倉健の映画なんかでそういう世界をチラッと見たこともありますが、今の自分たちには想像もできない過酷な仕事なんだろうなぁ、と思いましたね。


ほんのちょっとの時間でしたが、いい経験させてもらいました!!


↓これは外に出てからの記念写真です。
中国の炭鉱


今日はこんな感じで。
スポンサーサイト

テーマ:(*^_^*)うれしぃ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
死と隣り合わせのお仕事…
手に汗にぎりながら読んだでつ(^~^)
凄いですね~\(≧▽≦)丿
ぎっくり腰やったikuは 腰に装着して
中には入れそぉもないにゃっ(>_<)
写真の何番目のどの人がゆ~しゃんさんなの?
2006/09/18(月) 09:33:05 | URL | iku #-[ 編集]
お写真を拝見して 思わず 目と口には
こんなものをつけるのか って 一人で
納得してしまいましたが・・・・ よくみると
違いました 私って なんて早合点なんだろうと
自分自身がおかしくって 笑ってしまいましたw
2006/09/19(火) 00:01:22 | URL | れい #KGAhWzec[ 編集]
もぐってみて分かる地下の恐怖。水と同じだね。
2006/09/19(火) 00:28:06 | URL | みりん #-[ 編集]
>ikuさん
あらら、ぎっくり腰やっちゃったんですか?
ちゃんと重い物持つときは腰に語りかけないとダメですよ。
「今から重い物持つからね~」って。
ははは、わたしは一番右だす!!

>れいさん
えぇ、これが専用マスクになっておりまして…。
そんなわきゃないですよ(笑)
写真が小さいので見えにくいですよね。

>みりんさん
日本の炭鉱でもそうだったらしいですが、地下でずっと仕事してるので、交代のときには我先にエレベーターに殺到するそうです。
早く風呂に入ってウマイ酒が飲みたい、人の気持ちってどこも同じなんですね。
2006/09/19(火) 02:05:15 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
へぇー、こんな体験できるんですか。
なかなかいいですねぇ!!

でもでも、用意されたパンツを履くのはちょっと簡便です。
使いまわしだったりしませんでした?w
2006/09/19(火) 02:46:03 | URL | ダーシー #-[ 編集]
あっ、まだリンクさせてもらってませんでした。
早速リンクさせてもらいます!
今後とも宜しくお願い致します!ペコリ
P.S.景気付けに、人気Blogランキングをポ  チッとクリックさせてもらいます!
2006/09/19(火) 02:49:44 | URL | ダーシー #-[ 編集]
私の祖父は三池炭鉱で若いとき働いていたそうです。その時朝鮮から来ていた人達と知り合い、唐辛子好きになったそうですv-12以前日本の炭鉱ですごい事故になって、なくなった人達とその家族のドキュメンタリーを見ました。亡くなった人の中には自分は助かったけど、仲間を助けるためにまた危険な山の中に入っていた方も数人いたそうです。。。v-406きっとそれは強い結束の結果なんでしょうね。。。。ゆ~しゃんさん、ご無事で何よりです。
2006/09/19(火) 14:16:53 | URL | popoco&Compo #mQop/nM.[ 編集]
>ダーシーさん
お察しの通り、使いまわしのモモヒキです(*_*)
きちんと洗濯されてますけどね。
幹部の設備はかなり整っていて、風呂なんかも立派でしたよ。
日本の炭鉱でもこんなにいい設備はなかったそうです。

それとリンクありがとうございます!!
これからもよろしくお願いします!!

>popoco&Compoさん
そうですか、お祖父さんが三池炭鉱で。
今はもう炭鉱経験者はほとんどいなくなってるようです。
わたしが入ったのはほんの入り口で安全なところだったので心配はいりませんでした。
電気などわたしたちが普段使っているものは資源を使っているわけだし、こういう過酷な仕事の上に成り立っているんだなぁ、ということを感じました。
2006/09/19(火) 16:18:26 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
おおっ!!
かっこいいですね。炭鉱の労働者!!
眼光まで鋭いぜ☆

・・・って違いましたね(笑)
2006/09/19(火) 21:53:54 | URL | えちご侍 #-[ 編集]
>えちご侍さん
ははは、なかなか鋭い眼光でしょ?
機会があればまた行ってみたいです。
2006/09/20(水) 00:04:11 | URL | ゆ~しゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yushan.blog58.fc2.com/tb.php/103-bf50a7fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。