ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大船山~平治岳②
さてさて、坊がつるを大船山方面に進み、本格的な登りに入っていきます。

この登り、結構きつくて、途中道もぬかるんでいて歩きにくいし、覚悟が必要です。

途中は森の中を登っていくことになるので景色を楽しめる訳でもなく、ただひたすらに上を目指していくことになるんですが、道も少し分かりにくいので、きついとは思いますが目印のテープを見失わないように気をつけてください。

あまりにきつかったので写真を撮る余裕もなくて、なんとか大船山と北大船山の分岐点、段原に到着。ここまで出発から4時間!

頂上まではまだあるので、ここで昼ごはんにしました。

段原から見る北大船山はミヤマキリシマがとてもきれいで、他にもたくさんの登山者が昼ごはんを食べていました。

段原から北大船山


この段原から平治岳までのミヤマキリシマの群生は天然記念物にも指定されていて、それは見事です。

そこから20分ほどでしょうか、やっと大船山制覇です!!!

大船山1

1786mの大船山は九州本土では同じ九重の中岳についで2番目。

岩がゴツゴツした感じは小学生のときの記憶と同じでした。

頂上からは御池が見えたり、

大船山~御池

振り返ると、登ってきた段原や火口跡の米窪が見えて、とても雄大な景色です。

大船山~米窪

しばらく休憩したら一気に北大船山を目指します。

来た道を段原まで戻り、ちょっと行けば北大船山です。

北大船山

ここから一度、平治岳のふもとである大戸越まで下りていくんですが、ここもちょっと危ないですね。

石がゴロゴロしてて転びやすいし、結構急。

目印のテープも途中で無くなったりして、迷いそうな感じです。

地図とコンパスは必需品だなと痛感しました。

ヘロヘロになりながらも大戸越へ。そこから平治岳を見上げてみます。

平治岳1

ここまで大船山山頂から1時間ちょっとかかってて、時間も2時半くらいになってたので、上まで行くかどうか迷ったのですが、老体にムチ打ってがんばってきました。

この平治岳は、登山シーズンは上りと下りが分けられていて、こんな立て札があります。

平治岳2

平治岳のミヤマキリシマは残念ながらピークは過ぎていて、遠くから見る分には良いんですが、イマイチでした。

後で温泉に入ったときに、お店の人が言ってたのですが、今年の平治岳は5月末から6月初めがピークだったそう。山開き前に行かないといけないようですね。

あんまりゆっくりしてると長者原まで帰るのに暗くなってしまうので、急いで帰り支度です。

長者原から坊がつるまで2時間かかってたので、どう考えてもここから3時間はかかってしまいます。4時からだとギリギリ明るいうちに帰れるかなって感じ。

それでもね、朝9時から登り始めてすでに午後4時、7時間山歩きしてたことになるので、自分の計画性の無さが自分の首を絞める結果に…。

しかも大戸越から坊がつるまでの道が悪いのなんの…。

ぬかるんでて歩きにくくて、元気なときならまだいけるけど、さすがにこたえました。

坊がつるまでなんとか着いても、そこからもうひと山越えないと長者原まで行けません。

雨ヶ池1
↑↑途中の雨ヶ池↑↑

相当歩き方もおかしくなってたと思いますけど、無心になって歩き、

なんとか明るいうちに長者原まで戻ることができました。

山に入るときは装備は重要ですね。

地図、コンパス、ライトは絶対に持っていくべきです。

装備を準備して、余裕のある計画を立てる。

これが重要なようです。

みなさんも気をつけて山に行きましょう。

キツいけど、やっぱり山は気持ちいいです!!
スポンサーサイト

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

大船山~平治岳①
6月13日(土)のことなので、すでに一週間経ってしまってるのですが、最近アルピニストと化しているわたしはまたもや登山に行ってきました。

今回は九重の大船山から平治岳までの縦走。

九重は6月7日(日)が山開きだったので、夏登山の季節到来です。


長者原1

前回三俣山に登ったときはガラガラだった長者原の駐車場も思いっきり満車。

一体どれくらいの人がいるのだろうとちょっと不安になります。

5月の終わりから6月上旬はミヤマキリシマが有名で、わたしもこれが目当てなのです。


九重登山口1

朝9時に駐車場に着いて、早速登山開始です!

三俣山と同じくすがもり越というルートで坊がつるを目指します。

途中、硫黄山という煙がモクモクと出ている山を通りますが、当日はちょっと曇り空。

硫黄山2

硫黄山1 ←晴れてればこんな感じ。


ここまで歩いてみて、登山者がすごく少なかったです。

三俣山の登山口には休憩小屋があって、そこには結構な人がいたんですが、すでに坊がつるから戻ってきてる感じ。前日から泊まってたんでしょうか。

そこを抜けて行くと北千里浜という所に出ます。

晴れてたら景色も違うんでしょうが、不思議な雰囲気が漂う所でした。

北千里浜1

平らな所をズンズン進んでいくと岩がゴロゴロ。

北千里浜2

この岩場を下りていくと、九州本土で一番高い所にあるという法華院温泉に到着です。

実はここには小学生の頃来たことがあって、法華院温泉山荘に2泊か3泊して今回登る大船山などに登った記憶があります。

法華院温泉1

ここで標高1303m。

記憶の中にある法華院温泉より、大きく、キレイになってるようで、これなら快適に泊まれそう。

次回はここに泊まって、別の山に登るのもいいですね。

テント派の方は坊がつるキャンプ場がこの先にあるので、そこを拠点に九重連山を攻めるのがよろしいかと思います。

坊がつる1

坊がつる2


さぁ、これから本番だという頃になって晴れてきまして、俄然やる気が出てきます。

しかし、ここまで来るのにすでに2時間が経過してしまっていて、日帰りにはちょっと無理があったのかな、とやっと気付きました…(^_^;)

これから大船山、尾根を渡って平治岳までというタフなルートに挑戦です。

長くなってしまったので本番はいつになるか分からない次回に…。


テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。