ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全帰国。
日付けが変ってしまいましたが、25日に無事帰国しました。

4年10ヶ月の中国生活、良いことも悪いこともいろいろありましたが、自分にとってかけがえのない経験として一生心に残ると思います。

前日はいろんな思い出が頭の中を駆け巡って一睡もできないまま飛行機に乗りました。

ただ、今でも何か実感がなく、また戻るようなそんな感覚もあるんですよ。

ここ数日はずっと頭の中に佐野元春の「グッドバイからはじめよう」が流れています。


「終わりははじまり」


その歌詞の中に出てくるんですが、いつまでも感傷に浸ってもいられないし、明日からは部屋探しをして来年からの仕事に備えないといけません。

自分で決めた自分の人生、悔いの無いように走り続けたいと思います。

これからも応援お願いします!
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

裕民商場。
裕民商場1

裕民商場2


いま引越しの準備をしてるんですけど、全然片付きません…(^_-)

引越しと言えば新天地での物の準備も大変ですよね。

ということで今日は撫順で新生活を始める方のために市場の紹介。

「裕民商場」というところで、雑貨、家具、服、電化製品、布団、建材、など、生活に必要だと思われるほとんどの物が安く手に入るところです。(もちろん値段交渉が必要)


裕民商場3←雑貨

裕民商場4←台所用品

裕民商場5←ガラス製品

裕民商場6←雑貨


いろんな物が所狭しと並べられていて、見てるだけでも結構楽しいです。

デパートやスーパーなんかでこういう物を揃えると割高になったりするし、ずっと住むなら別ですけど1年2年の滞在ならできるだけ安く済ませておきたいですよね。

蛍光灯や電球などが切れても街中の電気屋さんでは売ってないなんてこともよくありますし、そういう時にはこういう市場で買うことになります。

家具やその他の物もものすごい量が売られているのでかなり時間が潰せるし、買い物は無くてもぶらぶらして、どこに何が売ってるとかをリサーチしておくことも重要だと思います。
(まぁ、これは一つの売り場だけじゃなくて街全体で言えることですけどね)

新生活を始める方もそうでない方も行ったことがなければチェックしてみてください。

雑貨も多いので、ちょっとした中国みやげを買うにもいいかもしれませんね。


裕民商場7


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

ジョニー故郷へ帰る。
里親募集で探していた「ジョニー」の里親ですが、記事に素早く反応して名乗り出てくださった方がいらっしゃいまして、先日お渡ししてきた次第です。

そんな奇特な里親は「若ぽぽぽの生活状況」の若さんです!

ブログの力ってすごいなと思いますね。

この若さんともブログを通じて知り合って、しかも偶然にもわたしが通ってた大学で現在留学生活を送っていらっしゃるという、言ってみればわたしの後輩なのですよ。

もっと早くから告知してればバタバタすることも無かったんでしょうが、無事に里親が見つかってわたしも一安心です。

しかもジョニーにとっては里帰りを果たしたことになり、喜んでいることでしょう。

あとは新ブログ「ジョニーの成長日記」の立ち上げを待つのみとなりました。(ありえないでしょうけどね 笑)

とまぁ、冗談はさておき、

急な記事にも関わらず名乗り出ていただいてありがとうございました!m(_ _)m

かわいがってくださいね。

これから数多くの人に引き継いでもらえるとうれしいなぁ。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

トルファン(吐魯番)駅。
トルファン駅
(2007年6月26日撮影 写真提供dayuanさん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


新疆ウイグル自治区トルファン市のトルファン駅

トルファン市があるトルファン盆地というのは世界でも有数の低地なんだそうです。

一番低いのがアイディン湖でなんと海抜-154m

何かこの辺、山脈が多いから高地にあるイメージがあったんですけど違うんですね!

そういえばトルファン駅、写真撮りに行きたかったんですけど、ウルムチから1日バスツアーに参加してたもんで行けなかったんですよね~。

そのときの模様はこちらで→「トルファンの旅~その1その2その3

今回、その撮れなかった写真を提供してくださったのが新たな協力者dayuanさん。

中国留学と中国鉄道の日記」というブログの管理人さんです。

2006年9月~2007年7月まで上海で留学されてて、その留学生活と旅行記、そして帰国されてからも主に鉄道での中国旅行記を書かれています。

「鉄道での旅」が非常に詳しく書かれているので、これから中国を旅行してみたい方、中国の鉄道の旅に興味がある方にはすごく参考になると思いますよ。

目次も作ってあるので、興味があるところからでも要チェックです!

それではdayuanさん、ありがとうございました!!

ゆ~しゃんのシルクロード旅行記も見たい「シルクロードの旅」へ


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

撫順冬の風物詩 Part2。
渾河1


今年の2月に「撫順冬の風物詩。」で天然のスケートリンクを紹介しましたけど、夏を経て、撫順はまた長い冬に突入しています。

そんなわけで今回は河の氷の上に行ってきました。(この河は何気に初めてです)

ちょうど雪が降ったので河の上は足跡だらけ。

近道好きな中国の人たちは氷が張ると橋を渡らず河の上をショートカットするんですよ。

なので人が通った跡は道になってます。


渾河3


よく見ると自転車のタイヤの跡も残ってて笑えますよね。(^o^)

単に通り道になるだけじゃなく、遊び場にも変わります。


渾河2


見えますかね?

何も河の上でやらなくてもいいだろうけど、凧揚げ。


渾河4


この寒いのに寒中水泳。(このとき気温は-5℃くらいです)

当たり前のように眺めてた風景も、福岡に帰ってしまうと見れなくなってしまうんだなぁ、と思うと何か寂しい気持ちにもなってしまいます。

ということで自分を記念撮影。


渾河5


一人旅が多かったこともあって、自分の写真って少ないんですよね。

これからは自分の写真も増やしていこうかなぁ、なんて思った一日でした。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

里親募集。
ジョニー


先日
、日本へ完全帰国することを報告したわけなんですが、どうしても日本へ持って帰れないものがありまして、里親を募集することにしました。

名前を「ジョニー」と申します。

種類も何も知らない観葉植物なのですが、実はこれ、以前瀋陽で留学していたときに帰国する日本人留学生から押し付けられた託されたものなんです。

もうかれこれ4年以上前になりますかね。

友人Mが何を思ったか買ってきて、「ジョニー」という名前をつけてかわいがっていたのがつい昨日のことのようです。

大して見かけも良くないんですけど、捨てるのも忍びないし、友人M→ゆ~しゃんと渡った魂(そんな大げさなものじゃないけど)をどなたかに押し付けて帰りたい引き継いでいただきたい。

何のお礼もできないし、面倒をかけるだけだと思いますが、奇特な方がいらっしゃったら下記まで連絡をお願いします。

yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@へ変換)

今月25日に日本に帰りますので、お渡しする時間も正直無いし、撫順市内か遠くても瀋陽市内の方でお願いします。

長期滞在か永住される方を希望します。(要するに捨てない方)

現実的には会社に置いていくことになるんだろうなぁ。

(帰国までのスケジュールの都合上、名乗り出ていただいてもお渡しできない可能性もあります。そのときは申し訳ありません。)

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

ラサ(拉薩)駅。
ラサ駅1
(2007年7月18日撮影 写真提供「中国留学情報」王九蛋さん)

ラサ駅2
(2007年7月18日撮影 写真提供「中国留学情報」王九蛋さん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


チベット自治区の区都、ラサ市のラサ駅

チベット仏教の聖地です。

チベット高原の中心にあるラサの標高はなんと3650m。(ほとんど富士山の頂上)

なんかこう、神秘的なイメージがある場所で、一度は行ってみたいと思うところですよね。


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

ゴルムド(格爾木)駅。
ゴルムド駅1
(2007年7月15日撮影 写真提供「中国留学情報」王九蛋さん)

ゴルムド駅2
(2007年7月15日撮影 写真提供「中国留学情報」王九蛋さん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


青海省ゴルムド市のゴルムド駅

中国語では格尓木(ge2 er3 mu4 グー・アル・ムー)といいます。

昨日、西寧駅が青蔵鉄道の起点になる駅だということを書きましたので、この機会に終点まで行ってしまおうと思っています。

ここゴルムドには特に観光地らしいところは無いんですが、チベットへの陸路の起点ということで有名な街なんですよ。

青蔵鉄道ができるまでは、ここからバスで5000m級の山を越えてチベットへ行くのが唯一の方法だったので、今はだいぶ楽になったんじゃないでしょうかね。

空路だと成都からが一般的だと思います。

外国人がチベット自治区に入るには入境許可証が必要なのでお忘れなく。

その辺のことはこの方が詳しいんじゃないかと思います(笑)

それでは次回、終点のラサ駅に向かいます。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

西寧駅。
西寧駅1
(2007年7月12日撮影 写真提供「中国留学情報」王九蛋さん)

西寧駅2
(2007年7月12日撮影 写真提供「中国留学情報」王九蛋さん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


青海省の省都、西寧市の西寧駅

2006年7月1日に開通した、青蔵高原を通ってチベット自治区のラサまで行く青蔵鉄道の起点になる駅です。

地理的に近いからか、前回の蘭州駅とバックの山の感じが似ていますね。

青海省というのは省の大部分が海抜3000m以上になるところで、西寧市でも海抜2275mという高地、省全体が富士山の頂上といった感じです。

また、青海湖という中国最大の塩水湖があって、そこから青海省という名前がついてます。

日本に帰る前に一度ラサまで鉄道で行ってみたいと思ってて、来年の夏くらいに行こうかなと思ってたんですが、どうやら実現しないまま帰国ということになりそうです。

いつか実現させるぞ!

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

蘭州駅。
蘭州駅
(2007年6月22日撮影 写真提供「中国留学情報」王九蛋さん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


甘粛省の省都、蘭州市の蘭州駅

昔からシルクロードと青海省方面への分岐点にある交通の要所として栄えた街です。

青海省から始まる黄河が最初に通る大都市で、白塔山のふもとに“天下黄河第一橋”と呼ばれる中山橋が架けられています。

なんでもこの中山橋、ものすごい歴史のある橋だそうで、最初は明の時代(1372年)に浮き橋として架けられて、その後1907年に鉄橋に架け替えられたのだそうです。

駅のバックにそびえる荒涼とした山がいい感じですね。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

銀川駅。
銀川駅1
(2007年6月18日撮影 写真提供「中国留学情報」王九蛋さん)

銀川駅2
(2007年6月18日撮影 写真提供「中国留学情報」王九蛋さん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


寧夏回族自治区の省都、銀川市の銀川駅

その昔、西夏王国の首都興慶府と呼ばれていたところです。

西夏王国というのは、井上靖原作の小説とその後映画化された「敦煌」の舞台にもなってます。

なので、西夏王国関連の遺跡が見どころでしょうかね。

あとは寧夏回族自治区というくらいなので回族が多くてイスラム寺院も多いようです。

また、枸杞(くこ)の産地としても有名で、寧夏の枸杞酒を飲んだことあるという方も多いんじゃないでしょうか。中華料理でもよく使ってますよね、枸杞。

行ってみたい都市の一つです。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

大連のタクシー。
大連のタクシー
(2007年10月20日撮影ゆ~しゃん)

もくじから見る→「中国タクシー大図鑑もくじ」、「世界タクシー大図鑑もくじ

まとめて見る→「中国タクシー大図鑑」、「世界タクシー大図鑑

写真提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までよろしくお願いします。
詳しくはこちらへ


遼寧省大連市のタクシー。

初乗り(3kmまで)8元(約128円)、その後1kmごとに2元(約32円)加算です。

以前は端数がついてたんで値上げしたんですね。

加算は通常であれば500mごとに1元ずつ上がっていくと思います。

遼寧省の省都である瀋陽市のタクシーより近距離なら若干高いですね。

色は白青のツートンが多くて、後ろに見える白緑のツートンも結構見ます。

タクシーの上の表示灯が青色のは国営だと聞いたことがあるんですけど、はっきり分からないんでその辺詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

大連の駅も見てみたい方は「大連駅」へ

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

新郷駅。
新郷駅
(2007年1月24日撮影 写真提供王九蛋さん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


先日の記事ではたくさんの激励のコメントありがとうございました。m(_ _)m

さて、今日は河南省新郷市の新郷駅

省都の鄭州市から北に車で2時間ほど行ったところにある都市です。

わたしも河南省には行ったことがありますが、ここは知らないなぁ…。

いろいろググってみると、どうやら大阪府柏原市と友好都市のようです。

柏原市HPより
http://www.city.kashiwara.osaka.jp/jichisuishin/kokusai/singou/index.htm

たまにはこんなマイナーな都市もいいけど、行くことはたぶん…無いな…(^_^;)

黄河文明の中心、河南省に興味を持った方は「河南省の旅」へ

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。