ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏ですなぁ。
先日ネットのつながりが悪いと書きましたけど、いまだに調子悪いです。

ブログの管理画面に入れないからどうしようもない。┐(  ̄へ ̄)┌

コメントも10回くらいやり直してやっと書き込めたりで結構苦労している次第です。

タイトルの「夏ですなぁ。」とは全く関係ない出だしですが、いやホント夏ですなぁ。

撫順市もここ数日は30度を超えていて、普段なら朝晩は涼しいのに寝苦しい日々です。

クーラーの無い我が家では扇風機がフル回転しております。(扇風機だけに)

この暑さの他にも季節を感じさせることがあって、それが検索エンジンの検索ワード。

最近やたらと「柳川ひまわり園」や「久留米水の祭典」で検索してこのブログにいらっしゃる方が増えてるんですよね。おかげでちょうど一年前は日本に居たんだなぁと思い出しましたよ。

今年は仕事とビザの切り替えの関係で9月後半に一時帰国することになりそうなんで、残念ですがひまわりも花火大会も見れそうにありません…(T_T)

中国の春節の花火も迫力はあるんですが、やっぱり日本の花火大会はきれいです。

9月の後半、どこかで花火大会やってないかなぁ。

今日はちょっとユルい感じの更新ですが、たまにはいいじゃないか。

みなさま、これからまだまだ暑い日が続きます。

いろんな行事も各地で行われるでしょうし、事故の無いように楽しんでくださいね。

柳川ひまわり園1
(去年の写真で申し訳ないですが…)
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

マニラのバイクタクシー「トライシクル」。
フィリピン、トライシクル
(1996年撮影?写真提供あいあいさん)

もくじから見る→「中国タクシー大図鑑もくじ」、「世界タクシー大図鑑もくじ

まとめて見る→「中国タクシー大図鑑」、「世界タクシー大図鑑

写真提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までよろしくお願いします。
詳しくはこちらへ


フィリピンの首都、マニラ市のバイクタクシー「トライシクル」。

この写真を送ってくださったのは「イラスト日記」の管理人あいあいさん。

「イラスト日記」のあいあいさんと聞いてピンと来た方は以前からのお客様で、かなりのゆ~しゃんマニアと思われます(笑)

このお方、実はこのときに友情出演してくださったあの方なのですよ。

その節は大変お世話になりました。m(_ _)m

さて本題に入りまして、この写真、なんと11年前の旅行のときに撮った写真だそうで、その頃はデジカメじゃなかったので写真をデジカメで撮って送ってくださいました!

いや~、そんなに手間をかけてまで送っていただけたことに感動です。

料金などはわかりませんので、どなたかご存知なら教えてください。

あいあいさん、ちゃんと使わせていただきましたよ!!

ありがとうございました!!

っていうか…まだ…あります…よね???(笑)

テーマ:フィリピン - ジャンル:海外情報

桂林北駅。
桂林北駅1
(2007年5月30日撮影 写真提供王九蛋さん)

桂林北駅2
(2007年5月30日撮影 写真提供王九蛋さん)

桂林北駅3
(2007年5月30日撮影 写真提供王九蛋さん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


広西チワン族自治区、桂林市の桂林北駅

桂林の名前だけは聞いたことあるという日本人は多いんじゃないですか?

何が有名って、水墨画のような風景が見れるところがこの桂林なのです。

わたし自身もまだ行ったことがないですが、中国の中で一度は行きたい場所ですね。

いつになるか分かりませんが、必ず書くぞ!桂林旅行記!!

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

長沙駅。
長沙駅1
(2007年1月9日撮影 写真提供王九蛋さん)

長沙駅2
(2007年1月9日撮影 写真提供王九蛋さん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


湖南省の省都、長沙市の長沙駅

かなり歴史のあるところで、7000年前には人が住んでたと言われるそうですが、現在これといった見どころは思いつきません。

湖南省で有名なところといえば、張家界でしょうかね。景色がきれいなところのようで、中国人の友達が行きたいって言ってたので覚えてます。

しかし、湖南省で忘れてならないのは湖南料理でしょう。

わたしは北京で会社の人と食べたんですけど、めちゃ辛い!!

唐辛子の辛さというより、胡椒の辛さっていう印象で、舌がビリビリして、わたしは自分では結構辛いの食べれる方だと思ってたんですけど、さすがに食べれませんでした…( ̄Д ̄;)

辛くて食べれないという経験は韓国料理の鍋(名前が分からない)を食べたとき以来です。

辛いもの好きな方は本場で挑戦してみてはいかがでしょうか?

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

どうなってんの?
新潟の地震が起きたあたりからネットが異常に重いです。

重いだけじゃなく、開けないサイトも多々ありまして、なんとfc2の管理画面にも入れなくて記事が更新できませんでした。

やっと管理画面に入れてもエラーになって記事がアップできいということも何回かあったし、皆さんのとこでコメント書こうと思ってもエラーになったりして非常に不便な日々を過ごしています。

これが地震の影響なのかは分からないんですけど、以前台湾の地震があったときも同じ状態になったんですよね。

あの時は海底ケーブルが傷ついてて、確か1、2ヶ月は調子悪かった記憶があります。

他の中国ブロガーさんが記事を更新しているということは、うちのネット環境に問題があるのかもしれませんけど…。時間が無くて更新してないわけじゃないんで、ちょこちょこ見に来てもらえればうれしいです。

そして超私信ですが、

えちご侍さんご無事で何よりです。
コメントがことごとくエラーになって書き込めませんでした。

新潟の被災者の皆さんの一日も早い復興をお祈りしますm(_ _)m

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

国際展示場駅。
国際展示場駅
(写真提供 ikuさん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


りんかい線の国際展示場駅

東京国際展示場って「東京ビッグサイト」っていうんでしたっけ?

行ったことないので詳しい説明はikuさんにおまかせ。(また丸投げ)

で、

この写真を提供してくださったのはコメントにも登場してくださっているikuさん。

綺麗な写真をありがとうございます!

ブログを閉鎖されてからはmixiだけなのでリンクを貼れませんが、mixiやってる方は探してみてくださいね!コンパニオン情報が満載で、コスプレ好きにはたまらない内容かもしれません(笑)

この写真も実は半年以上前にいただいたもので、ikuさん自身も忘れてるかもしれないし、その後写真は一枚も送ってくれないので相当怒ってると思われます…( ̄Д ̄;)

ごめんなさいねん♪

そして、この写真にはコメントも付いてました。

ikuさん「仕事帰りの空がいい感じで撮りました~。」

…って駅ちゃうやんけ!!!

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

続・本当の自分を知ってますか?
前回、わたしの脳内をさらけ出したわけなんですが、実は続きがありまして。

前回の本名というのは普段使っている名前で調べたもので、実は戸籍上は旧字体なんですよ。書くのが面倒くさいので新しい字を使ってるのですが、本名ならこっちで調べるべきではないかと。

記事をアップした後にそのことに気づきましてね。

どうでもいいとお思いでしょうが、その結果があまりにもアレだったもので…。

ちょっとアップしちゃいます。

全国1000万人のゆ~しゃんファンの皆さん!(もういいって?)

わたしを嫌いにならないでください!!!

それではどうぞ。



















本名の脳内イメージ2


最悪なオヤジです!(笑)

どうやら、わたしと会う場合には貞操帯が必要なようですね!

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

本当の自分を知ってますか?
最近いろんなブログをまわっていて目にする脳内メーカー

名前を入力するだけでその人の脳内イメージを表現するといういたって簡単なもので、すでにたくさんの方が自分の頭の中をさらけ出しています。

ということで、早速わたしもやってみました。

まずはH.Nであるゆ~しゃん

ゆ~しゃんの脳内イメージ


「愛」に満ち溢れた神秘的な男って感じでしょうか??( ̄+ー ̄)キラーン

いや~困っちゃいますね~こりゃ女性ファンが増えるわけだ!(多少妄想癖あり)


もう一つ、H.N決めるときに迷ったゆーしゃん

「~」か「ー」かの違いなんですがこんなん出ました。

ゆーしゃんの脳内イメージ


いや~良かった!「ゆ~しゃん」で良かった!!

頭ん中「悩」でいっぱいのブログ生活なんて無くて良かった!!


やはりここまで調べると気になるのが本名での脳内イメージ。

でもですね~、正直これ見せたくないんですよ。

あぁ、今まで築き上げてきたイメージがガラガラと壊れていく音が聞こえます。

それではご覧ください。




















本名の脳内イメージ


だいたい、頭の中「H」と「」でいっぱいの36歳独身ってどうなのYO!!

こんなんじゃこの人から変人と呼ばれてしまいます、由々しき事態です。

というわけで、

全国1000万人のゆ~しゃんファンの皆さん、わたしと実際に会う場合には、

妊娠にお気をつけください!!!( ̄+ー ̄)キラーン

さぁ、恥ずかしがらないで皆さんも頭の中さらしていきましょ~!!!

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

長春~偽満皇宮博物館。
偽満皇宮博物館


もう一つ長春ネタを。

旧満州国関連の建物できちんと見学できるのがここ、偽満皇宮博物館

清王朝のラストエンペラー溥儀が満州国の皇帝になったときの宮殿です。

実際は長春市の中心部、国務院の近く(現在の地質宮)に宮殿を造る予定で、その新宮殿ができるまでの仮の宮殿だったそうです。

ただ、満州国の資金が尽き、新宮殿は完成することはなかったとのこと。

まずは緝熙楼

緝熙楼


溥儀と皇妃譚玉齢、皇后媛容が生活したところ。

下の写真の溥儀の寝室などいろいろ見ることができます。

溥儀の寝室


緝熙楼を抜けると次にあるのが勤民楼


勤民楼


溥儀や官吏が政務や式典を行ったり、非公式に来賓と謁見したところです。

下の写真は溥儀が式典を行ったり、来賓と会見したりした勤民殿

勤民殿


そして東側には同徳殿


同徳殿


日本人によって設計された宮殿で、政務処理、居住、娯楽とすべてを行うことのできるものだったのですが、溥儀が盗聴装置が仕掛けられていると疑ったため、正式に使われることは無かったようです。

日本人の設計だからか、日本間も準備されています。

同徳殿の日本間


目の前には東御花園。(季節感のない写真ですいません)

東御花園


説明にはすべて日本語も書かれているので、中国語の分からない方でも大丈夫。

中は結構広くて、じっくり見て回ろうと思えば2~3時間は軽くかかると思いますので、じっくり見たいと思う方はそれなりにスケジュールを立てて行くことをお勧めします。

特に長春では時間をかけて見るところは少ないので、ここを見て旧満州の建造物群を見て回るのがいいのではないでしょうか。

============================
偽満皇宮博物館
住所:吉林省長春市光複北路5号
電話:0431-286-6611
開館時間:夏季 8:30~18:00(入場は16:20まで)
      :冬季 8:30~17:00(入場は15:40まで)
入場料:80元(約1200円)
============================

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

長春~旧満州の建造物群。
長春は旧満州国の首都、新京だったところで、その国家機関の建造物が数多く残っているということは前回書いた通りです。

具体的に長春市のどの辺にあるのかというと、新民広場から新民大街周辺、北上して人民広場周辺、さらに北上して人民大街にほとんどが集約されています。

わたしは南からすべて歩いてこの建物を見て回ったんですけど、今回は南からわたしが見たのと同じように、写真で巡ってみたいと思います。


偽満洲国総合法衙

まずは旧満州国総合法衙(現中国人民解放軍四六一医院)。

当時の最高法院、最高検察庁だったところ。


偽満洲国交通部旧址

旧満洲国交通部(現吉林大学新民校区)。

道路の管理や郵便、航空、水運などの交通や流通を管理した部署。


偽満洲国経済部旧址

旧満洲国経済部(現吉林大学三院)。

税務、金融、国債、投資、貿易など、経済を統括していた部署


偽満洲国司法部旧址

旧満洲国司法部(現吉林大学新民校区)。

満州国の司法の中心だったところ。


満州国国務院1

旧満州国国務院

満州国の最高行政機関。(詳しくは→こちら


偽満洲国軍事部旧址

旧満洲国軍事部(現吉林大学付属第一医院)。(逆光で写りが悪いです)

軍務や用兵を司った、軍の最高指令本部。


偽満洲国民生部旧址

旧満洲国民生部(現吉林省石油化工設計研究院)。

満州国の教育を司った部署。


旧満洲国中央銀行

旧満洲国中央銀行(現中国人民銀行吉林省分行)。

満州国の中央銀行。


偽満洲国電信電話株式会社址

旧満洲国電信電話株式会社

今の日本で言えばNTTですね。


旧関東軍司令部

旧関東軍司令部(現中国共産党吉林省委員会)。

関東軍というのは、関東州租借地(遼東半島)と南満州鉄道(満鉄)の付属地の守備をしていた関東都督府陸軍部が前身で、1919年に関東都督府が関東庁に改組されると同時に関東軍として独立したもの。

その関東軍の指令本部。


現存する建物はこんな感じです。

個人的には、旧関東軍司令部の建物が日本のお城のようで、日本を象徴するとも言える建物に現中国共産党吉林省委員会がそのまま入っているということが面白いなと思いますね。

ほとんどの建物が現在でも現役で使われていて、満州国時代の地図を見ても、道路など街づくりの基本は変わっていないと思われます。

近代史に興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか?

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

長春でリベンジを果たす。
満州国国務院1
↑満州国国務院跡↑


お客様の要望があり、土日で吉林省の省都、長春市へ行ってきました。

わたしにとっては約2年半ぶりの2回目。

長春といえば満州国の首都で、当時は新京と呼ばれていたところ。

それだけに満州国関連の建物が数多く残されています。

その中でもひときわ大きいのがこの国務院

当時の最高行政機関で、1936年に日本の国会議事堂を真似て作られています。当時は長春駅や関東軍司令部まで地下道もあったらしいですが、今は塞がれているそうです。

わたしは前回の一人旅でほとんどの見どころは網羅したんですよ。

でも心残りが2つあって、今回はその2つについてリベンジを果たしたというわけ。



一つ目は、「国務院の中に入る」ということ。

前回訪れたときに、ガイドブックなどでは一部公開されているということで、楽しみに入り口に行くと、「今は公開してない」の一点張り…。なのでしょうがなく帰ってきてたわけです。(T_T)

で、今回もダメだろうなと思いつつ行ってみたら入れました!

といってもロビーの部分だけで、階段とエレベーターしか見れなかったんですが、

↓これが内部↓
満州国国務院2

満州国国務院3


階段もエレベーター(OTIS社製)も当時のもので、その当時はエレベーターが付いてるというだけでものすごい先進的な建物だったようです。

えっ!?これで終わり??事務室とかは??上に行かないの??

という感じなんですが、これで20元(約300円)。

高いか安いかは自分で判断して入ってください…(-_-)



そして2つ目のリベンジはこちら。

満州国国務院4


どちらかと言えば、こちらがメインでして、もの云々ではなく、前回の旅から帰ってからの事件が大きく影響しているのです…。

前回帰ってから、友達と長春の話になりまして、

まぁ、どこを見てきた?とかそういう話なんですけど、この友達はわたしより前に長春には訪れていて、確か行く前に「ハルピンと長春に行こうと思う」って話したと思うんですよ。

記憶違いではなければ、「公開してないけど特別に見せてくれた」なんて言ってて、自分もあわよくば見れたらな、などと思いながらも見れず、

「国務院行ったけど見れなかったよ」

なんて話をしてるときに、その友達、


友 「あっ、あれ見ました?“溥儀”が植えた松の木」

わ 「松の木?そんなん見てないけど」

友 「あ~、ちっちゃく書いてるんで言われないと分からないですもんね~」
   「案内してくれたおっちゃんが教えてくれたんですよ~」( ̄ー ̄)ニヤリ

わ 「はぁ~??」


コラーーー!!そんなん行く前に言えーーー!!!


ウガーーッ!!(ノ`m´)ノ ~┻━┻


なんていうことがありまして。


こちらがそのちっちゃい看板

満州国国務院5


ちゃんと意識してこの松の木を見るまで2年半…。

長かった…。

国務院の中をじっくり見れなかったということはありますが、長春に関しては一番心残りだったことを解決することができて、非常に有意義な旅でございました

皆様もお忘れのないよう、お気をつけあそばせ。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。