ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北のタクシー。
台北のタクシー
(2006年9月28日撮影 写真提供チコさん)

もくじから見る→「中国タクシー大図鑑もくじ」、「世界タクシー大図鑑もくじ

まとめて見る→「中国タクシー大図鑑」、「世界タクシー大図鑑

写真提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までよろしくお願いします。
詳しくはこちらへ


台湾の首都?省都?である台北市のタクシー。

残念ながら値段等の情報が無いので、写真だけです。

台北のタクシーは黄色なんですね。わたしもまだ台湾には行ったことなくて、中国語も通じるし、清潔そうだし、是非行ってみたいと思ってるところなのです。

その為にも、値段、その他の情報をご存知の方は是非教えてください!教えていただけたら後で追記したいと思いますのでよろしくお願いします!!

今回の「タクシー大図鑑」の呼びかけに第一号としてこの「台北のタクシー」を投稿してくださったのは、相互リンク先でもある「CINESE☆中国生中継」のチコさん!

記事をアップしたその日に写真をくださいまして、非常感謝(これ中国語ね)です!

初めてチコさんのサイトを見たときは、

「やだよ、この人、CHINESEのHが抜けちゃってるよ、(*´艸`)プププ」

なんて思ったんですよね。

でもこれイタリア語らしくて、自分の無学を呪ったものです。┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

「CINESE☆中国生中継」には本家のHPとブログがありまして、

  HP:http://cinese.kt.fc2.com/

ブログ:http://happy.ap.teacup.com/cinese/

わたしはすっかり、チコさんの飾らない語り口のファンになってます。(*^_^*)

ということで、台湾のタクシーなので、自動的に

「世界タクシー大図鑑」もはじめました

今後ともどうぞよろしく。m(_ _)m


2007年12月26日追記

東南アジア.com」の管理人namachaさんより情報提供。

【2007年11月1日からの料金】
*昼間(06:00~23:00) 初乗り1.25Km 70元、250mごとに5元加算
*夜間(23:00~06:00) 20%の割増+さらに20元加算

情報ありがとうございます!
スポンサーサイト

テーマ:台湾 - ジャンル:海外情報

丹東駅。
丹東駅1
(2005年5月3日撮影ゆ~しゃん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


遼寧省、丹東市の丹東駅

北朝鮮との国境の街として有名です。他にも国境の街はありますがここが一番大きいんじゃないでしょうか?観光客も多いです。

駅前にはでで~んと毛〇東像。

国境の街だけにやはり観光は国境を流れる鴨緑江周辺が中心です。

遊覧船に乗るとかなり近くまで行けますよ。


北朝鮮


この写真の看板、わたしは読めないんですけど、


「21世紀の太陽、金〇日将軍万歳!」


と書かれているらしいです。(合ってる?)

朝鮮戦争の史跡、鴨緑江端橋などもあるんですが、それはまた別の機会に。

そんな丹東市でわたし的に気になるのがこちらのアイテム。

国境の街なら手に入ると思うんですけど、北朝鮮グッズ!!


北朝鮮の切手


切手やお金がほとんどなんですが、鴨緑江公園周辺で売ってます。

コレクターの方はいかがでしょう?

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

「中国タクシー大図鑑」はじめました。
いやいや、先日「撫順のタクシー」っていう記事を書いたんですけど、各方面から「中国のタクシー集めたら?」なんて意見をいただきましてね、自分でも書きながらいろいろ揃ったらおもしろいかな、なんて思ってたんで、思い切ってやることにしました。

他力本願ブログの本領発揮ってところですよ。(^_^;)

まぁ、「駅の写真」も完成してないのにいろんなところに手を出すのもどうかと思ったんですけどね、「冷やし中華」はじめました的な感じでさりげなく進めていきたいと思います。

つきましては、


タクシーの写真を送ってくださいませ。m(_ _)m
(注1:無償の方に限らせていただきます)
(注2:国は問いません)


今回のタクシーに関してはですね、写真だけじゃなく他の情報もお願いしたい。

============================
必須項目
① 写真(撮影日も)
② 値段(初乗り、加算金額)

よろしければ
③ 車種
④ その他コメント

宛て先
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@に変換)
============================

こんな感じでご協力していただければ幸いです。

これといってお礼もできないのですが、我こそは!という方がいらっしゃいましたらお願いいたします。

夢は大きく「世界のタクシー図鑑」を目指しておりますので、場所は問いません。

現在、「瀋陽のタクシー」を編集中です。

まったりした感じで進めていきたいと思っていますが、応募も無ければ「冷やし中華」はじめました的な始まりだけに、冬には終わってるかもしれません
(そのときはツッコミなしの方向で)

それではよろしくお願いします!!

もくじから見る→「中国タクシー大図鑑もくじ」、「世界タクシー大図鑑もくじ

まとめて見る→「中国タクシー大図鑑」、「世界タクシー大図鑑

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

南昌駅。
南昌駅1
(2006年11月23日撮影 写真提供王九蛋さん)

南昌駅2
(2006年11月23日撮影 写真提供王九蛋さん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


江西省の省都である南昌市の南昌駅

ちょっと変わった駅舎ですね。

ところで、江西省には何があるんだ?と聞かれると正直答えに困ってしまいます。

焼き物で有名な景徳鎮くらいでしょうか。

と思って調べてみたら、

この南昌市というのは共産革命の発祥の地なんですね!

人民解放軍はここで誕生しているようですし、中国を語る上で重要な都市を今まで知らなかったというのは、まったくもってお恥ずかしい限りです。

とはいえ、実際にわたしが南昌市を訪れる機会というのはなかなか無いでしょう。
(だって遠すぎる…)

行くなら景徳鎮と絡めてになるでしょうが、行ったときには革命関係の博物館や記念館を巡ってみたいと思います。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

中国の鉄道。
中国の鉄道


最近仕事でよく行く金属鉱山の鉄道。

引込み線がこの場所まで来てるんですけど、なかなかの景色で好きなんですよ。

非常にのどかな風景です。

中国の駅も見る「中国の駅もくじ」へ


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

中国人女性の激しさを見た。
先日、社内のバスケット大会がありましてね、この他人が嫉妬するほどの運動神経の持ち主であるわたしも参加いたしまして、軽くひねられてきたところであります。

なんでバスケットってあんなに難しいんでしょう?

打てども打てども入らない。

こんなんじゃ桜木花道を笑えないよ、ってくらい入りませんでした。

まぁ、それはさておき、

女子の部の試合を観戦していたんですけどこれがすごい!何がすごいって肉弾戦!

終いにはボールを持って走り出して体当たりですよ。


お前は大八木か!と。(実際かなり体格よかった)















ってそれ、ラグビーやん!!!




ラグビーがサッカーから生まれたという話は聞いたことがありますが、さすがは4000年の歴史を持つ中国、バスケからもラグビーを発明しそうな勢いでした。

それが女の子というのがすごいし、中国人女性の激しさを垣間見た瞬間でしたよ。

大和撫子はそんなことしないよね?しないと言ってくれ。

中国人家庭の夫婦喧嘩はいったいどのレベルなのか?

それもちょっと覗いてみたいですね。(^o^)

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

昆山駅。
昆山駅
(2005年5月20日撮影ゆ~しゃん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


江蘇省昆山市の昆山駅

日本企業が多く進出しているところとして有名ですね。

一般的に旅行者が利用する駅ではないと思うのですが、そのときはどうしても行かざるを得ない理由ができてしまったわけです。

なぜかというと、

この日は蘇州から周庄という水郷の街に観光に行ったんですよ。

↓結構いいところです↓
周庄


行ったのも遅かったんですけど、じっくり見てたら蘇州行きの最終バスが出てしまいまして…。(だって夕方5時くらいにはなくなってた…)

周りの人に「何か他に蘇州に行く方法ないか?」って聞いたら、

「とりあえず昆山行きのバスがまだあるから、昆山にまず行きなさい。そしたら蘇州まで汽車も車もたくさんあるから。」という返事をもらいまして。

それで仕方なく昆山へ向かったわけです。

昆山市という名前だけは聞いたことはあったんで、一応記念写真…(^_^;)

まぁ、この後汽車も1、2時間待たないといけないことが分かり、乗り合いタクシーに4人集まるのを待って蘇州に戻ったという思い出の土地です。

同じことが起きた場合、そういう移動方法もありますのでご参考までに。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

撫順大酒店。
撫順大酒店


その他の「撫順のホテル」こちらへ


次も撫順駅の真正面、天宝大酒店の道を挟んで隣にある二ツ星ホテルの撫順大酒店

写真では分かりにくいでしょうが、建物はかなり古いです。

これまた写真撮影時(2007年6月)に値段を聞いたところ、標準間(ツイン、バス・トイレ付き)で3段階値段があって、138元(約2070円)、168元(約2520円)、198元(約2970円)。

インターネットは一番安い部屋ではできなくて、168元以上の部屋だとできるようです。料金は無料です。

あくまでも値段は参考で。時期と値段交渉力で上下します。

サービスはやはり二ツ星ということでそれなりだと覚悟はしておいてくださいね。


撫順大酒店地図


============================
撫順大酒店
等級  ★★
住所  中国遼寧省撫順市新撫区東一路2号
電話  0413-267-8111、267-8333
FAX  0413-267-8289
============================

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

天宝大酒店。
天宝大酒店


その他の「撫順のホテル」こちらへ


続きまして撫順市内でも比較的新しい三ツ星ホテル、天宝大酒店

2002年の開業なのでまだ新しいですね。

撫順駅と長距離バスターミナルの真正面にあって交通の便も良いし、南側には歩行者天国の繁華街もあるので場所としてはここが一番便利だと思います。

写真を撮ったとき(2007年6月)に値段を聞いてみたら、標準間(ツイン、バス・トイレ付き)で228元(約3420円)でした。これは時期や価格交渉の仕方によっても変動します。

部屋でインターネットがしたければ別途20元(約300円)。

新しいからか日本の某ガイドブックにも載ってないし(わたしの本が古いだけ?)、中国のホテル予約のサイトにも載ってないので、意外と穴場かもしれませんよ。


天宝大酒店地図


============================
天宝大酒店
等級  ★★★
住所  中国遼寧省撫順市新撫区中央大街1号
電話  0413-253-7777、253-6666
FAX  0413-253-7337
============================

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

撫順友誼賓館。
撫順友誼賓館1


その他の「撫順のホテル」こちらへ


撫順情報としてホテルも欠かせないかなと思いまして、外からどんな感じかだけでもお伝えしようと思います。残念ながら部屋の写真はないですので、あしからず。

まずは撫順友誼賓館

撫順市の中で一番の高級ホテルで、1957年開業の老舗中の老舗です。

ここ、元は満鉄のクラブだったところだそうで、当時は相当なところだったんでしょうね。周りを見下ろすように高台の上にあります。

そしてホテルの前が高級住宅地で満鉄の幹部なんかも住んでたところらしいんですよね。今では普通の住宅地になってますが、戦前の撫順の中心だったんでしょう。

ホテルの場合、この老舗というのもちょっとやっかいなもので、ここは四つ星なんですけど、新しい四つ星のホテルと比べると設備などはどうしても劣ってしまうと思われます。

繁華街や駅、長距離バスなどからもちょっと離れているので、旅行者には不便かもしれませんね。ちゃんとタクシーに乗ったりできる方なら問題ないとは思いますが…。

高級志向の方や建物自体は新しいけれども歴史を感じてみたい方はどうぞ。


撫順友誼賓館地図


===========================
撫順友誼賓館」  http://hotel.tw128.com/4865/default.asp
等級  ★★★★
住所  中国遼寧省撫順市新撫区永寧街4号
電話  0413-281-0000
FAX  0413-242-6773
===========================

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

撫順のタクシー。
撫順のタクシー1
(2007年6月3日撮影ゆ~しゃん)

もくじから見る→「中国タクシー大図鑑もくじ」、「世界タクシー大図鑑もくじ

まとめて見る→「中国タクシー大図鑑」、「世界タクシー大図鑑

写真提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までよろしくお願いします。
詳しくはこちらへ


最近はタクシーの色もカラフルになってきましたが、ちょっと前までは各都市でタクシーの色が統一されているということも珍しくありませんでした。

撫順市の場合はどうかといいますと、上の写真のように黄色と緑色のツートンカラーがほとんどでした。ちなみに瀋陽市はエンジ色。

他の都市がどんな風に色を決めてるのか分かりませんが、撫順市に関してはきちんとした意味がこの色に込められているらしいのです。(と言ってもまかないのおばちゃん情報で正式に確認はしてませんが…)

で、

この色にどんな意味が込められているのかといいますとね、まず黄色。

撫順市は清王朝の太祖ヌルハチの出身地だということは今までも記事にしてきたんですけど、それが関係しているのです。(ヌルハチのことについては「赫図阿拉城。」「瀋陽故宮。」「東陵。」あたりに書いてます。)

皇帝の出身地ということを中国語で言うと、

皇帝出生地(huang2 di4 chu1 sheng1 di4)

黄色は黄色(huang2 se4)

ということで(huang2)と(huang2)を掛けてるんですね。(すげー!)

そして緑色はというと、

撫順市の東部は山が続いていて、広大な農村(→「撫順の農村。」)があって、水と緑が豊かなのです。また大伙房ダムという巨大ダムもあります。

それで緑色には撫順緑都(fu3 shun4 lv4 du1)という意味が込められているわけです。日本的に言うと杜の都って感じですかね。

この話を聞くまでは「変な色のタクシーだなぁ」と思ってたんですが、なかなか他の都市に誇れる色だと思いませんか?軽く感動すら覚えましたよ。

でも、ずっとこの色を続けてもらいたいと思うのですが、最近は他の色のタクシーが出てきて、逆に黄色と緑色のタクシーが少なくなりつつあります。

撫順のタクシー2

撫順のタクシー3


今じゃ青色のタクシーが幅を利かせています。

会社が違うんだと思いますが、新しい車はほとんどが青かシルバーになってて、乗り心地がいいんですよね。黄色のやつで新しいのも時々見かけますが少なすぎる。

なんとか良い意味を持った色のタクシーなんで頑張って欲しいものです。

ちなみに撫順市内のタクシー、初乗りは6元(約90円)です。そして加算料金は500mごとに0.7元。(メーターは5元からなんですが、ガソリンの値上がりでメーターの金額に1元プラスして払わないといけません。)

もう一つ、もし瀋陽空港から直接撫順にいく場合、空港のタクシー乗り場はすべて瀋陽のタクシーです。運良く外に撫順のこれらのタクシーを見つけたら撫順のタクシーに乗った方が安いですよ。撫順市内まで100元くらいでしょうか。

しかも空港にいる瀋陽のタクシーはメーター使わないんで、すべて価格交渉しないといけません。(最近乗ってないので変わってるかもしれませんが、少なくとも2年前まではそうでした。)

瀋陽に行く場合はバス(瀋陽駅の近くまで)の方が便利でしょう。値段は確か15元(10元だったかも…)。

ところで、他の都市では何か意味のあるタクシーの色ってあるんでしょうかね?

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

常州駅。
常州駅1
(2006年11月8日撮影 写真提供王九蛋さん)

常州駅2
(2006年11月8日撮影 写真提供王九蛋さん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


江蘇省の常州市にある常州駅

実はこの常州市に対してはまったく知識がありません。

日本企業が結構進出してるところじゃなかったですか?

どなたか常州市に詳しい方、コメントいただけるとうれしいです!

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

もう枯れてる…のか?
5月の月末はちょいと忙しくて、駅の写真でお茶を濁しておりましたが、しばらくは落ち着きを取り戻せそうです。

早いものでもう6月なんですね。

6月といえば、のび太くんの一番嫌いな月。(無駄なドラえもん豆知識)

まぁ、そんなことはどうでもいいんですが、よくお邪魔しているブログ「凛々爛々」さんのところで艶度診断ってのがあることを知りましてね、早速やってみた次第です。

艶度診断は→こちら

日本を離れていると艶女(アデージョ)なんて言葉があることすら知らない浦島太郎になるのですが、やってみるとなかなかおもしろいですよ。

そんなわたしの診断結果はちょい「枯れ」オヤジ

艶度診断結果←クリックで拡大。

「枯れてる」っていう言葉がちょっと引っかかるんですが、


なんとワタクシ、今がなのだそうです!!


全国1000万人のゆ~しゃんファンの皆さん、早い者勝ちです!

連絡お待ちしております!!

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。