ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ち。
♪あした~わた~しは~旅に出ま~す~

♪あなた~の~知らない~人と~ふた~りで~

♪いつかあな~たと~行くはずだった~

♪冬まだ浅い~ウルムチへ~


ということで、ウルムチへ行ってきまっす!!

帰りは…わかりません…、3週間以内ということで…。

途中記事をアップできるかは未定です…┐( ̄ヘ ̄)┌

いなくてもよろしくねん♪
スポンサーサイト

テーマ:中国の生活 - ジャンル:海外情報

欲張り過ぎて失敗の巻。
欲張り過ぎて失敗するということはよくあることですよね。

今日はそんなお話。

朝から有無を言わせず瀋陽に車の修理について行かされたわけなんですが、そこでとても面白いものを発見してしまいました。

早起きは三文の徳とはよく言ったもんです(ブロガー的には)。

修理工場に止められていた車なんですが、ヒドイです。

この種の車はまぁ、見かけるんですが、ここまでヒドイのは初めてかもしれませんね~。

グダグダ話すよりも見てもらいましょう!

やりすぎな車1←全部クリックで拡大できます。

やりすぎな車2

やりすぎな車3


どうでしょう?

車に詳しい方ならかなり喜んでもらえる写真ではないでしょうか?

突っ込みどころ満載のこの車。

まず側面のR TYPE CIVICはCIVIC TYPE Rと書きたいところでしょうが、そんなことはどうでもいいんですよ。

VitzなのかCIVICなのかはっきりしろ!っていうか、その車はアコードじゃないの?

藤原とうふ店はアニメファンなんだろうから許しましょう。他にもたくさんいるし。

でも無限(ホンダ)TRD(トヨタ)の夢のコラボが実現しちゃあヤバイんじゃないか、と。

車に詳しい方ならもっと言いたいことはあるのでしょうが、この辺で勘弁しといてあげましょう(^o^)。

なんて言いながら、実際どこがおかしいか突っ込んでいただけるとありがたい。コメント欄に間違い探しの回答をお待ちしております。

それとですね、フロントの「」って何のステッカーか分かります?

こちらもご存知の方がいらっしゃれば、教えてください。

かっこいいと思って貼ったステッカー。

やはり欲張り過ぎると良くないようですね。

皆さんもほどほどにしておきましょうね!┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

撫順城駅。
撫順城駅
(2006年5月11日撮影ゆ~しゃん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


我がホームタウン、遼寧省撫順市の撫順城駅

しかもこの駅、家から歩いてすぐのところにあります。

この駅が街の北側にあり、撫順駅が南側にあるので、一般的に撫順城駅を北駅撫順駅南駅と呼びます。

駅舎は結構大きいんですけど、実際に待合室などに使っているのは1階の真ん中の部分だけで、非常にこじんまりしています。

別に店が入っているわけでもなく、なんでこんなに大きいんだろう?って思うのですが、理由は分からないままです…(^_^;)。

この駅を使うのは大連に行くときくらいなのですが、ちょうど夜12時くらいの夜行に乗って、大連に朝6時過ぎに着くので便利なんですよね。時間のロスが少ない。

北京に行くのも結構便利で、北京へは撫順駅から出るんですけど、撫順が始発なんですよ。夜9時くらいに出て朝8時くらいに着くのでこちらも時間のロスが少ない。

旅行で撫順に来る方は頭に入れておくといいかもしれませんね。うまく日程を組めば1泊分の宿泊費を浮かすことができますから。

駅前はダンス集団もいて、夕方は市民の憩いの場にもなってます。

撫順に興味を持ったら→「撫順紀行」へ

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

結婚バトン。
こみさんからバトンが回ってきまして、こんなに頻繁にバトンを受け取ることになるとは思ってもおりませんでした。

いつも受け取ってもらってるこみさんからのバトンですので(毎回渡してるような気もする…)、早速やってみましょう。

「結婚バトン」

1、回す10人を先に書いておく。

まぁ、それは後で。

2、結婚するならどんな人が良い?

そうですねぇ、頭が良い人。
ただし、勉強ができるという意味ではない。(こみさんと一緒)
あとは、自分のことを理解してくれる人。

3、結婚生活でパートナーにこれだけは守ってほしいことは?

自分の周りの人を大事にしてほしい。
自分に対しては特にないですかね。

4、愛って何?

何でしょうね?
生きていく上で必要不可欠なもの、でしょうか。

5、強いて言うならどっちが良い?亭主関白?カカア天下?

人前では亭主関白でいさせてほしい。
2人のときはどっちでもいいです。
ただ、かなり屁理屈をこねるので、覚悟は必要です。

6、好きな異性のタイプは?

2と重なりますが、頭の良い人。
気が利く人と言ってもいいかも。

7、パートナーが両親を引き取って面倒をみたいと言う。
  しかし明らかに自分とは合わない。どうする?


よく話し合うしかないでしょうね。
どうしようもない場合は自分が我慢するしかない。

8、あなたの両親を引き取って面倒を見なければならないのだが、
  あなたのパートナーは自分の両親と明らかに合わない。どうする?


これもよく話し合うしかないでしょう。
どうしても嫌だと言うような人は選ばないつもり。

9、パートナーとあなたの母親が言い合いになってます。どうする?

両方の意見を聞いて、正しい方の味方をする。

10、プロポーズするとしたら何て言う?

「結婚しよう。」

11、あなたが愛する人へ一言!

今、どこにいらっしゃるんでしょうか??連絡請う!!

っていうか、この前運命の人は鹿児島の青木由貴さんだと出てましたね(^o^)。
(知らない人は→こちらへ

12、回す10人の他己紹介を簡単にお願いします!

10人はちょっと多すぎるので、

ガテン系コンパニオンのikuさん、
  ブログがなくなってちょっと寂しい。
北京のダーシーって誰よ!」のダーシーさん、
  この機会に誰か教えてあげてください(笑)
幸せの3原則」の楓さん、
  友達以外で最初にコメントくれたのが実はこの方。
  
以上3人にお願いします!!

やってみたい人は勝手に持ってってくれ!!
  

テーマ:バトン - ジャンル:日記

蘇州駅。
蘇州駅3
(写真提供王九蛋さん、2006年11月22日up)

蘇州駅1
(写真提供801sさん)

蘇州駅2
(2005年5月20日撮影ゆ~しゃん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


江蘇省、蘇州市の蘇州駅

たくさん写真を提供してくださってる「蘇州の休日」の801sさんの御膝下。

運河が有名で、東洋のベニスなんて言われたりもします。

この蘇州、あんまり大きくなくて、こじんまりした印象でした。

なのでチャリンコで十分観光できるんじゃないでしょうかね。(レンタサイクル)

わたしは現地のツアーに参加したんですけど、それが最悪…。

前日予約したときは写真も見せて、有名なところはすべて行くってことだったのです。

でも当日遊覧船に乗ってその後「寒山・拾得」で有名な寒山寺に行ったあたりまでは良かったんですが、行く先が前日の話と違ってる…( ̄Д ̄;)

蘇州の四大庭園は行かないって言うし、北寺塔に行ったらツアーの全員変な部屋に通されてお参りの為と大きな線香を渡され、100元だと…。

わたし 「これ買わないといけないの?」

僧侶 「買う?買うなんてとんでもない、お布施だよ」┐(  ̄ー ̄)┌ フッ
(同じじゃねぇか!!)

わたし 「いらないんだけど」

いや~、この「いらないんだけど」って言ったときの相手の顔と線香を奪いとるスピード、すごかったです…、みんなを残して部屋を出ましたよ。

何か宗教を語った商売というか、北京でも似たようなことがありましたけど、中国人ってこういうときもポンポンお金出すんですよね。買い物では1元2元を値切るのに。

それでも慣れてる人は危険を察知したのか、すでに外に出てましたね。

その後は頭にきたのでバスを降り、一人で回りました。

北京や西安のツアーは結構良心的だったのになぁ…。

旅行に行く方は、こんなこともありますので気をつけてくださいね。

蘇州1←蘇州の運河。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

飲み助バトン。
最近はすっかり駅の記事ばかりになっておりまして、興味のない方にはまったくもって面白くない、そんな毎日でした。

ところで、

酔いどれ天使のikuさんよりバトンが回ってきました。

早速はじめてみましょう。


1、好きなお酒はなんですか?

実はお酒って好きではないんですよね。
付き合いでは飲みますが、家ではまったく飲みません。
まぁ、強いてあげればビールでしょうか。
あとは…シャンメリーとか…(^o^)


2、嫌いな(または苦手な)お酒はなんですか?

全般的に苦手なのですが、特に白酒(バイジュウ、中国のお酒)ですかね。
アルコール度数高すぎ!
低いもので38度、一般的には52度、高いのは67度(?)
52度とかになるとノドが焼けそうです…( ̄Д ̄;)


3、誰と飲みますか?

もっぱら先生(70歳)と飲んでますね~。
友達いないんで…。
日本に帰ったら友達とか先輩とかですね。
ただ、周りもあまり飲みません。


4、泣き上戸?笑い上戸?

基本的にすぐ寝てしまうので無害だと思うのですが、
聞くところによると、普段あまりしゃべらないにもかかわらず、
かなりじゃべるらしいです。(記憶にございません…)


5、酔いが顔に出る方ですか?

ビール一杯で顔が真っ赤になります。
一人で飲んでるみたいに真っ赤になります。


6、記憶をなくしたことはありますか?

回数は少ないですがあります。
っていうか、最近なくしたばかりです…(^_^;)
どうも遊びに行く約束をしていたみたいで、朝迎えが来て焦りましたが…。


7、今までで一番楽しかった酒は?

接待以外の酒はみんな楽しいので、一番っていうのはないですね~。


8、逆に、一番思い出したくない酒は?

う~ん、あるだろうか…?
気分が悪くなって吐くのは嫌だけど、思い出したくない酒はないかな。


9、彼氏(または彼女)とお酒を飲むのは好きですか?

好きです。
ただ、相手がまったく飲めなかったり、自分よりもはるかに強かったりして、丁度いい案配って少ないですね。
何がいいって丁度いい案配に酔っ払って…(以下自粛)


10、お酒を飲んで、勢いで喧嘩をしたことはありますか?

これはないはず。
酔って電話はよくありますけど…。


11、お酒が好き?飲み会の雰囲気が好き?

これは完全に飲み会の雰囲気ですね。
酒は苦手だと言っても、ちゃんと付き合えますよ。


12、次に回す4人を指名してください。

お酒と言えばこの方々は必須。

ナナエさん
こみさん

あとは…

えちご侍さん
ぽこだっちさん
ZENRA-MANさん

5人になってるのは気にせずに!
もちろんスルーもOKです!

それではよろしく~。

テーマ:バトン - ジャンル:日記

撫順駅が新しくなった!
撫順駅3
(2006年10月12日撮影ゆ~しゃん)

撫順駅4
(2006年10月11日撮影ゆ~しゃん)

撫順駅5←クリックで拡大。
(2006年10月12日撮影ゆ~しゃん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


我がホームタウン遼寧省撫順市の撫順駅。

実は以前紹介したことがあるのですよ。→「撫順駅。

その時に建て替えか改装をするらしいということを書いていたのですが、今回改装が完了したわけです。

戦前の日本が造った駅舎らしいので、保存してもらいたいなぁと思っていたので、うれしい限りです。やはり壊したものは元に戻せないですからね。

どんな変化を遂げたかというと、

撫順駅2←これが
    ↓  ↓  ↓
撫順駅1←こうなって
    ↓  ↓  ↓
撫順駅6←こうなったわけです。

車も入れなくなって、すっきりしましたね。

しかも街の中心の駅がボロボロでは何とも締まらないですし。

他の都市のように大きな駅ではありませんが、結構いい味出してると思うのはわたしだけでしょうか?

撫順に興味を持ったら→「撫順紀行」へ

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

ハルピン駅。
ハルピン駅
(2005年1月15日撮影ゆ~しゃん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


中国最北端の省、黒龍江省の省都ハルピン市のハルピン駅。

人口は市全体で最近1100万人を超え、中心部だけでも約600万人が生活しています。

ここは以前帝政ロシアの支配下にあったこともあり、ロシアの文化的影響を強く受けた街で、街のいたるところにヨーロッパ風の建築物が見られ、その様子から東方のモスクワ東方の小パリなどと呼ばれたりもします。

ロシアの後には日本の支配下にもなり、伊藤博文が暗殺されたのもハルピン駅ですね。

ハルピンビールが有名なんですが、現在駅のドでかい看板はなぜか青島ビールになってます(それでいいのか!ハルピン!!)

冬に開催される「氷祭り」は必見です。

2005ハルピン氷祭り←氷祭り(クリックで拡大)

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

中国の駅もくじ。
・「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ」 もよろしく。


東北地方  遼寧省省省  瀋陽市    「瀋陽駅」 「瀋陽北駅

東北地方  遼寧省省省  大連市    「大連駅」 「旅順駅

東北地方  遼寧省省省  鞍山市    「鞍山駅

東北地方  遼寧省省省  撫順市    「撫順駅」 「撫順城駅

東北地方  遼寧省省省  丹東市    「丹東駅

東北地方  吉林省省省  長春市    「長春駅

東北地方  黒龍江省  ハルピン市  「ハルピン駅


華北地方  直轄市市市  北京市    「北京駅」 「北京西駅

華北地方  直轄市市市  天津市    「(旧)天津駅」「天津臨時駅」「天津西駅

華北地方  河北省省省  唐山市    「唐山駅

華北地方  山東省省省  泰安市    「泰安駅

華北地方  河南省省省  鄭州市    「鄭州駅

華北地方  河南省省省  洛陽市    「洛陽駅

華北地方  河南省省省  開封市    「開封駅

華北地方  河南省省省  新郷市    「新郷駅

華北地方  山西省省省  太原市    「太原駅


華中地方  直轄市市市  上海市    「上海駅」 「上海南駅

華中地方  江蘇省省省  南京市    「南京駅」 

華中地方  江蘇省省省  蘇州市    「蘇州駅

華中地方  江蘇省省省  昆山市    「昆山駅

華中地方  江蘇省省省  無錫市    「無錫駅

華中地方  江蘇省省省  常州市    「常州駅

華中地方  江蘇省省省  鎮江市    「鎮江駅

華中地方  安徽省省省  合肥市    「合肥駅

華中地方  安徽省省省  馬鞍山市   「馬鞍山駅

華中地方  安徽省省省  淮南市    「淮南駅

華中地方  安徽省省省  蕪湖市    「蕪湖駅

華中地方  湖北省省省  武漢市    「漢口駅


華南地方  広東省省省  広州市    「広州東駅

華南地方  広東省省省  湛江市    「湛江駅

華南地方  江西省省省  南昌市    「南昌駅

華南地方  湖南省省省  長沙市    「長沙駅

華南地方  福建省省省  福州市    「福州駅

華南地方  福建省省省  アモイ市    「アモイ駅

華南地方  広西チワン族  桂林市    「桂林北駅
華南地方  自治区
 
華南地方  海南省省省  海口市    「海口駅

華南地方  海南省省省  三亜市    「三亜駅

西北地方  陝西省省省  西安市    「西安駅

西北地方  寧夏回族  銀川市    「銀川駅
西北地方  自治区

西北地方  甘粛省省省  蘭州市    「蘭州駅

西北地方  甘粛省省省  敦煌市    「敦煌駅

西北地方  新疆ウイグル  ウルムチ市  「ウルムチ駅
西北地方  自治区
西北地方  新疆ウイグル  トルファン市  「トルファン駅

西北地方  新疆ウイグル  カシュガル市 「カシュガル駅


西南地方  四川省省省  成都市    「成都駅

西南地方  貴州省省省  貴陽市    「貴陽駅

西南地方  雲南省省省  昆明市    「昆明駅

西南地方  青海省省省  西寧市    「西寧駅

西南地方  青海省省省  ゴルムド市  「ゴルムド駅

西南地方  チベット省省  ラサ市     「ラサ駅
西南地方  自治区

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

ハルピン出張から帰還。
1泊2日の強行軍でハルピンに出張してきました。

瀋陽~ハルピン、汽車で約7時間…( ̄Д ̄;) 。

観光する時間もなく、とんぼ返りです。

まぁ、前に行ったことあるんでいいんですけどね。

疲れたので今日は報告まで。

写真は中央大街。

ハルピンはロシアの影響を色濃く受けていて、建物もそれっぽいものが多いです。

中央大街

結構おしゃれな街ですよ。

それではまた。

テーマ:中国の生活 - ジャンル:海外情報

長春駅。
長春駅1
(2005年1月16日撮影ゆ~しゃん)

長春駅2
(写真提供王九蛋さん)

長春駅3
(2005年1月15日撮影ゆ~しゃん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


いただいた写真から優先的にアップしていきたいと思います。

吉林省の省都、長春市の長春駅。

人口は約700万人、ここは満州国の首都にもなった所で、その頃は「新京」と呼ばれていました。満州国の首都だったということもあり、満州国時代に日本が造った建物も多数残っていて、今でも現役で使われています。

この駅は新しいですが、満州国時代の建物がこの街の見どころですね。

「地球の歩き方」に載ってるその時代の建物を歩いて見て回って、めちゃくちゃ疲れた記憶があります(^_^;)。

そんな長春に興味を持った方は→「吉林省の旅」へ

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

上海駅。
上海駅1
(2005年5月19日撮影ゆ~しゃん)

上海駅2
(2005年5月19日撮影ゆ~しゃん)

上海駅3
(写真提供801sさん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

写真を提供していただける方は
yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)までお願いします。


前回の北京と同じく中国を代表する都市、上海の上海駅。

もう中国というよりアジアを代表する都市と言ってもいいかもしれませんね。

でも、想像していたよりも田舎な印象です。ちょっと裏通りに入ると古い建物がかなり残ってるし、やっぱり東京ってすごいなというのが正直な気持ちです。

北京駅と違って現代的な建物。

駅前にミスドがあったので思わず食べてしまいました(^_^;)

外灘(バンド)地区の夜景は必見です。

上海夜景1 上海夜景2←クリックで拡大。

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

ブログ最高!
昨日はすっかり酔っ払ってしまい、目覚めたら家のベッドでした…(^_^;)

記憶がスッポリ抜けてしまったのはひさびさです。

ところで、

前回の記事で世界中の駅を集めることを宣言したわけですが、思いの外みなさんの反応もよく、すでに2人の方から写真を提供していただきました。

当初週一ぐらいでアップしていこうかと思ってたんですけど、ちょっとペースを上げないといけませんね。

見る方も1個2個じゃおもしろくないですしね。

調べてみるとすでに駅を集めたHPも存在していて、その他にもゴミ箱を集めていたりと、考えることはみんな同じなんだなぁと感じていたところです。

それにしても、ブログの力はすごいですね~。

道産子に感謝。」のときも次の日には橋の名前が分かりましたし、今回にいたっては記事をアップしてその数時間後には写真の提供者が現れるという幸運。

ブログの神様がそっと応援してくれているようなそんな感じ。

それでは奇特にも写真を提供してくださった御二方を紹介しましょう。


  「蘇州の休日」の801sさん

  蘇州で生活されている方で、いつもきれいな写真をアップされてます。
  相互リンクもさせていただいてます。


  「老百姓~上海ニートの中国徒然日記」の王九蛋さん

  社会派ジャーナリスト王九蛋氏が庶民の視点から中国の今を鋭く描くブログ。
  なんとわたしと同じ徒然日記。
  しかもわたしと同じ社会派(お前のどこが!というツッコミはなしで)


こんなことぐらいしかできませんが、ありがとうございましたm(_ _)m

お2人のところも是非訪問してくださいね。

駅の写真に関しては、ブログという形態も考慮にいれて、極力文章は入れずに書いていこうと思います。

まとめてザーッと見比べることができるようにしたいので。

数多くの写真が集まることを祈りつつ。

今日はこの辺で。

最後に、


ブログ、最高!(矢沢風)


写真はyushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@)まで。

テーマ:。(゜∀゜)ニヤニヤ - ジャンル:日記

北京駅。
北京駅
(写真提供801sさん、2006年10月14日up)

北京駅2
(2004年7月17日撮影ゆ~しゃん)

夜の北京駅
(2005年1月29日撮影ゆ~しゃん)

すべての駅を見る→「シリーズ中国の駅」 「シリーズ日本の駅」 「シリーズ世界の駅

もくじから見る→「中国の駅もくじ」 「日本の駅もくじ」 「世界の駅もくじ

北京の観光地は?→「北京の旅

北京のタクシーは?→「北京のタクシー


言わずと知れた中国の首都、北京の駅です。

何の前ぶれもなく北京駅などの写真を出しましたけど、これからときどき中国の駅の写真をアップしていこうかと思うのですよ。

以前、記事の中で「旅行に行ったときには必ず駅の写真を撮るようにしている」ということを書いたわけなんですが、中国の駅というのは結構味がある。

そこで、一枚一枚の写真は大したことはなくても、それが10、20、30と集まれば結構なシリーズものになるのではないかと考えたのです。

ホントのことを言うと、ネタが切れてきているので今まで撮りためた写真を小出しにしていこうってことなんですけどね(^_^;)。

これはぽこだっちさんが自身のブログ「ぽこだっちの裏の裏」の中で、

カテゴリ「mixiとブログ」(http://pokoda.blog71.fc2.com/blog-category-10.html
 該当記事は「mixiとブログ(番外編:中毒症状に立ち向かえ!)」

として書いてあるんですが、「ブログというのは自分を削って表に出す作業である」と。

わたしもせっかく撮った写真なんで、世に出そうと思い、こうしてシリーズ化することにしたのです。これも尽きたらうろ覚えの記憶と写真を使って旅行記を書くことになるのでしょう。

シリーズ中国の駅(ネタがなくなる)
   ↓
うろ覚えの旅行記(ネタがなくなる)
   ↓
そして僕は途方に暮れる(名曲です)

まぁ、そんな先のことは考えず、ときどきアップしつつ、充実を図っていきたいと思います。

できれば日本の駅、そして世界中の駅をアップできれば、文化の違いなんかもおもしろいと思うので、


無償で駅の写真を譲ってくださる方を大募集!!


そんな奇特な方がいらっしゃるとは思いませんが、もしいらっしゃれば、

yushan_tsurezure★yahoo.co.jp(★→@でお願いします)

までご連絡いただけるとうれしいです。

これといってお礼はできませんが、ブログなど持っていらっしゃれば、記事の中で紹介させていただきたいと思います。

それでは今後を楽しみにしていてください。(する人はいないでしょうが…)

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

うらなう~なわないさんへ。
突然ですが、わたしはうらないが好きです。

最近友達の日記で「実名!運命の人占い」なるものを見つけまして、早速やってみました。

 「実名!運命の人占い」http://u-maker.com/o/destiny/

ちなみにわたしの運命の人は、

-以下占い結果-

ゆ~しゃんさんの運命の人は、ズバリ青木由貴さんです!
由貴さんは現在鹿児島県に住んでおり、年齢は28歳。
職業は漫画家です。
由貴さんがいま欲しいと思っているものは訴状です。
ふたりは2012年3月26日に出会います。



鹿児島の青木由貴さん、待っててくださいね!!

しかし、今欲しいと思っているもの訴状って…何かお困りでしょうか?


うらないって雑誌でも何でも、載ってると必ずチェックしてしまうし、ネットでおもしろそうな占いがあると必ずやってしまいます(^_^;)。

うらないにすべてを委ねるということではなく、いいこと書いてあると何かうれしいじゃないですか。

って別にうらないを今日の記事にしたかったわけではなく、偶然こんな記事を見かけたことが今日の記事を書くきっかけなのです。

なわないさんのブログ「なわない」より

 「ブログと心中するわけじゃなし……

内容は読んでもらうとして、

この記事にわたしもかなり共感しまして、普段書き込みしたことないのにコメントを入れた次第です。

かくいうわたしもブログの更新に少なからずプレッシャーを感じる一人であり、書く内容にも読む側の反応を激しく意識してしまうんですよね。

これはたぶん、ブロガーの多くがうなずくことなのかもしれません。

この記事を読んで、意識的に「今日は更新すまい」と思っていたのですが、そのときのコメントに対する返事、

 「二日間も休んでいましたら、ありがたいコメントがたくさん(泣)

を読んで、書く気もなかったのにこうして更新してしまっています。

わたしがよくお邪魔するサイトでコメントされたりしていたので、なわないさんの名前は知っていて、ブログにお邪魔したこともあったのですが、うらない好きのわたしに対して、

 うらなわないから「なわない」

なんて書いてあったもんですから、チラッと見ただけでした。

しかし、これら二回の記事がわたしに何かを感じさせたということですよね。

他の方がどう感じるかはわかりませんが、ブログを真剣に考えている人が、コメントを寄せた方々も含めてこれだけいるんだなぁ、と思うと、わたしと同じようにプレッシャーを感じてブログを書いている人に、

「ゆっくりでいいじゃん」

と偉そうにも言いたくなったんですよ。

まぁただ、続ける、辞めるは個人の自由なので、そこまで立ち入るつもりはありません。

それでも、ここまで広がったブログの世界で知り合った方々とこれからもいい関係を築いていけたらな、と思います。

ダラダラ書きましたが、今日はこんな駄文に付き合っていただいてありがとうございました。

そして最後に、なわないさんのブログ、改めて読んでみて、


 おもしろかったです!


これからもお邪魔させていただきますね。

この記事をトラバするべきか、ちょっと思案中…。

それではまた。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

撫順より中秋の名月レポート。
昨日書いたように、今日は旧暦8月15日で中秋の名月。

ニュースを見る限り日本は天気悪いようですね。

ただ、中秋の名月と本当の満月はずれるのが多いようで…。

言われてみれば撫順から見える月もちょっと欠けてる感じ。

とはいえ今日は中秋節のお祭りなので、月が見えない日本のみなさんに中秋の名月のおすそ分けです。

2006中秋の名月


いかがでしょう?

写真で見る月もおつなものでしょう。

今日はこの月を見ながら先生と月見酒と洒落込んでいたわけです。

日本にいるとなかなかそういう気分にはなれないと思うのですが、

たまには月を愛でて感傷に浸る…、

そんな日もあっていいんじゃないでしょうか?

世知辛い世の中だからこそ、心に余裕を持ちたいものです。

それではみなさん、


 中秋節快楽!(中秋節おめでとう!…中国ではこう言います)


テーマ:中国の生活 - ジャンル:海外情報

撫順の中秋節商戦。
明日10月6日は旧暦の8月15日、中国では「中秋節」といって春節に次ぐお祝いの日です。

日本でも「中秋の名月」といいますよね。ただ日本では月を見るくらいで、特別何かした記憶はないんですが、中国では満月を家族団欒の象徴と捉えお祝いするようになったみたいですね。

わたしも詳しくないのでとりあえずググッてみました。


参考になりそうなサイトさんを勝手に紹介。

 日本の中秋の名月について
  「こよみのページ」
   http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0710.htm

 中国の中秋節について
  「中国まるごと百科事典」
   http://www.allchinainfo.com/culture/holiday/zhongqiujie.shtml


どうでしょう?参考になりましたか?

明日がその中秋節ということで、ここ撫順でも月餅商戦が最後の追い込みを迎えております。

中秋節の賑わい

撫順で一番のデパート前に設置された月餅売り場ですが、

みんな群がるように買ってますね。

こういうバラ売りのやつは1個1元(約15円)くらいから売られていて、10個買って3個おまけとかそんな感じ。

その他にもきれいな箱入りのものも売られていて、それは20元(約300円)くらいからでしょうか。上は300元(約4500円)、400元(約6000円)とか高級なものまでいろいろ種類があります。

2006月餅


これは50元(約750円)と安いですけど、こんな風に酒が入っていたり、ひどい人になると箱の底にお金を忍ばせたりと賄賂の温床になっているという指摘もあるほどです。

じゃあ、この月餅、結局ウマイのか?というと、正直わたしは苦手です ┐( ̄ヘ ̄)┌

スーパー毛虫パンのときにも言ったように、かなりの甘党であるわたしが食べても全部食べきれません、甘すぎ!

どんなものか知らない方のために、

2006月餅2

2006月餅3


これが月餅です。写真はイチゴ味(草苺=イチゴ)。

まぁ、月餅はどうでもいいので、明日は「普段空なんか見ないよ」って方も、


 月を見ましょう!


終わってから言っても遅いですからね、今日の記事にしときました。

それではまた。

テーマ:中国の生活 - ジャンル:海外情報

東陵。
東陵1

もっと瀋陽を知りたい方→「瀋陽紀行


中国は行楽シーズンということで、ひさびさに瀋陽紀行です。


 今回は「東陵」、清の太祖ヌルハチとその皇后のお墓です。


この「東陵」、正式名称は「福陵」というんですが、瀋陽市の東側にあるということで一般的に「東陵」と呼ばれています。そして世界遺産にも登録されている歴史的建造物なのです。

ヌルハチはもともと撫順の出身ということは前にも紹介したわけなんですが(知らない方は→撫順紀行へ)、撫順にある「永陵」が先祖の墓、そしてここがヌルハチの墓になるわけです。

建造開始は1629年(後金天聡3年)、完成が1651年(清順治8年)。

その後も康熙帝、乾隆帝の時代に増築され、現在の状態になったそうです。

この門をくぐると松がたくさん生えている神道があり、その後なだらかに上っていきます。

東陵2


そして現れるのが「隆恩門」。

東陵3


そこをまたくぐると、歴代皇帝が祭祀を行ってきた場所へ通じます。

この奥にヌルハチと皇后が眠っているわけですね。

東陵4

東陵5←ここから奥がお墓です。


もともとは何かの役割を果たしていたのでしょうが、両脇に見える建物の中には、現在歴代皇帝と皇后の人形が並べられています。

東陵6←溥儀だけが子供。


さすが清を興したヌルハチの墓、雰囲気のあるところですよ。

入場料も30元(約450円)と他の観光地と比べても安いです。

ただ、わたしが行ったのはだいぶ前なので、値上がりしてたらすんません(^_^;)

まだ見たことない方、瀋陽旅行を計画している方、お勧めです。

それではまた。

テーマ:世界遺産 - ジャンル:海外情報

国慶節。
今日10月1日は国慶節。

日本的に分かりやすく言うと建国記念日です。

一週間のお休みで、中国全土がお休みモードに包まれます。

中国には日本のような祝日はなくて、


 5月1日~7日の労働節(五一節)

 10月1日~7日の国慶節(十一節)

 旧正月の春節(これも一週間休み)


この3つの大型連休に一気に休むわけです。

中国全土が一斉に休むわけですから人の混雑も半端ではありません。

最近人ごみが苦手なわたくしは、旅行の予定を入れることもなく、のんびり過ごす予定です(近場はウロウロすると思われますが…)。

時期をずらして、旅行した方が人少ないですからね!

そんな国慶節、今日はビールを飲みに行ってきました。

南美漢斯1


「南美漢斯」(ナン・メイ・ハン・スー)という最近できた中国的ビアホール。

場所は順城区区役所のすぐそばです。

最初はまた焼肉屋ができたんだろうと思ってたんですが、ところがどっこい、本格的な生ビールが飲める小洒落たビアホールでした。

↓クリックで若干拡大↓
南美漢斯2

南美漢斯3←ちゃんとしたビールのプラントが入ってます。

生ビールも3種類か4種類あって、結構ウマイですよ。

中国でも大都市にはこういうお店はあるのでしょうが、撫順のような地方都市にできたのは画期的ですね。

驚いたのはこちらのビール。(メロンジュースみたい!)
南美漢斯4

味は…果物のビールということでしたが、ビール独特の香りもなく、イマイチ…。

興味がある方は飲んでみてください。

料理はバイキング形式、焼肉は注文(串刺しのやつをもってきてその場で切ってくれます)。


なんと言っても値段が30元(約450円)とお得!!
65歳以上とその日誕生日の方は、証明書があれば18元(約270円)。

しかも食べ放題、飲み放題!!!

今日は昼間からちょっと飲み過ぎてしまいました…(*^_^*)

機会があれば、また行きたいと思います。

そして夕方きれいな夕陽が見えたのでパチリッ。
国慶節の夕焼け

このあとの休みをどう過ごすか、のんびりするとは言ったものの、問題です…。

それではまた。

テーマ:本日の日記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。