ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎のダンス集団。
以前「おめでとうイングランド。」の回でルームメイトができたことを赤裸々に激白したわたしなのですが、今回は北京から出張のおじいさんまで加わり、不思議な3人共同生活をする羽目になってます…。

インターネットの回線も1本しかなく、みんなが寝静まった頃を見計らって、しかもワールドカップの小休止をも見計らってブログを更新している、そんな日々です。






























 発狂しそうです。







こんばんは、ゆ~しゃんです。

前回の記事「中国的健康生活。」で謎のダンス集団の存在を明かしたわけなんですが、今日は集まってきてましたよ。

残念ながらお揃いの衣装ではなく、私服がほとんどだったんですが、それでも雰囲気だけは分かっていただけることと思い、お知らせする次第です。

謎の集団1


爺さん婆さんの集まりなんですが、

どうも先頭にいる青い服に白いパンツの男性がリーダーのようです。

そしてその衣装こそがユニフォーム。

他にも緑やら赤やら、色違いも存在します。

謎の集団2


みんな気持ち悪いくらいの笑顔で踊ってましてね、扇子を振りかざして踊る姿はかつてのジュリアナ東京を思わせます(田舎者なわたしは行ったことないんですけど…)。

実はこの踊りが日本に伝わったのではないか?

いや、日本から伝わったのかも…。

などと思いをめぐらせながらこの集団を眺めていたんですが、


しかし、楽しそう


ブログをはじめてからというもの、常にネタを探している自分がいるのですが、

ブロガーとしては参加するべきか否か、いつの間にかブログが基準でものを考えるようになってしまっているわけです。

まぁ、参加することはないと思いますがね、言ってみただけです(-ε- )。

ちなみに音楽はというと、

謎の集団3


こんな感じで太鼓やラッパで生演奏。

この中に知り合いでもできればまぎれ込んでるかもしれません。

撫順にお住まいの方、

爺さん婆さんの中で1人だけ、ものすごい笑顔で踊ってる若者(ではないが…)がいたら、

それはわたしかもしれません。

見つけても、決して「ゆ~しゃんですか?」なんて聞かないでくださいね。

こっそりと哀れんでくだされば幸いです。

それではまた、再見!
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

中国的健康生活。
中国というところは、健康に対して気を使う人が結構多いのですよ。

特に年をとってくるとなおさらです。

それは日本でも同じなのかもしれませんが、中国では公園などにはだいたい健康器具みたいなものが設置されています。

公園だけではなく、ちょっとしたスペースがあるとよく見かける光景ですね。中国に来たことのある方や住んでる方はご存知でしょう。

こんな感じ↓
健康生活1


家のそばの河川敷ではこんな感じ↓
健康生活2


やってるのは爺ちゃん婆ちゃんが多いんですけどね、朝夕は結構人が出てて、こういう器具を使って体操したり、太極拳やったりとそれぞれに健康増進に精を出してます。

わたしが通ってた学校でもこんな感じの器具がいたるところにあって、学生も使ってましたね。

北京に行ったときなんか、河川敷に固定された卓球台があって、「さすが卓球王国だ!」と感心したものです。

家のそばの河川敷でもかなりの人が散歩したりして体を動かしているのですが、その爺ちゃん婆ちゃんに紛れて、時間があるとわたしもブラブラしているわけです。

そしてよく見かける光景にこんなものも…

健康生活3


こうやって集まって踊っているのです。

エアロビでもジャズダンスでもない、なんとも言えない踊りなんですが、一応、前に立ってる人が先生みたいで、みんな先生の真似して踊ってるようです。

ホントはもっとハデハデしい衣装を揃えて、ジュリアナ東京を思わせる扇子を持って踊っている集団がいるんですけど、残念ながら今日はお休みのようでした…。

次回はちゃんとその集団を写真に収めて記事にいたしましょう。

最近痛感しているんですが、冬の間にたるんでしまった体を、わたしもそろそろ引き締める必要があるようです。

とりあえず、謎のダンス集団にでも参加してみるかな(^_^;)。

みなさんも運動不足にならないよう、体を動かしましょうね!

それではまた、再見!

テーマ:海外情報 - ジャンル:日記

残念。
サッカー日本代表負けちゃいましたね。

先制したときには、このまま奇跡が起きるのか?って思いましたが、終わってみれば1-4。

最低2点差で勝たなければいけない試合で逆に3点差にされてしまいました。

まぁ、これが実力でしょうね。

0勝2敗1分け。

出るからには応援したくなりますけど、これがW杯といったところでしょう。

6大会連続7回目の出場の韓国は前回の日韓W杯の前まで、1勝もあげることができていなかったんですから…。

4年に1回だということを考えれば、その歴史は結構なものですよね。

そういう歴史を経てホームで4位という成績があったわけで。

日本は急速に実力を上げているとはいえ、3回目の出場、まだまだこれからだと思うわけです。

こうやって歴史を作っていく中で世界的なFWが出てきて、日本を歓喜の渦に巻き込んでくれる日を待ちましょう。

しかし、日本サッカー協会にこれだけは言いたい。

高い給料払うのなら、


もっといい監督がいるんじゃないですか?


テーマ:ワールドカップ - ジャンル:日記

セーフ。
セーフ1

セーフ2


ひさしぶりにこの車を見ました。

この車、中国の車で「Safe(セーフ)」っていいます。

みなさん、どこかで見たことないですか?車好きならすぐ分かるでしょう。

この車、トヨタの「Surf(サーフ)」にそっくりなんですよ。

わたしが中国に来たときにはすでにあったので、もう3年以上前になると思うんですけど、一時期この「セーフ」のエンブレムトヨタのものに変えて、「サーフ」に改造するのが流行ってたのです。

最近はこの車自体、走ってるのを見かけなくなったので、絶版になったのかもしれませんね。

詳しい方がいたら教えていただきたいです。

なので、

止まってるのを見つけてすぐ写真撮ってしまいました(^_^;)。

近くに人が居たので、かなり怪しい人間だと思われたと思います…。

しかし、

このセンス、恐ろしいですね!「サーフ」と「セーフ」なんて…。

当時の新聞か何かで、この「セーフ」を改造して乗ってるオーナーのコメントで、「安いお金で高級な外車に乗ってる気分になれるので、みんなやるんじゃないですか?」みたいな内容のことが載ってたのを思い出しました。

そういえば、

この会社だったか忘れましたが、トヨタのエンブレムに酷似してるってことでトヨタが裁判を起こしたんですけど、トヨタが敗訴してショックを受けた事件もありましたね。

また別では本物のクレヨンしんちゃんがにせものに締め出される事件もありましたからね。

まさににせもの天国と言ったところでしょうか。

この「セーフ」のことに詳しい方、今どうなってるのか情報をお待ちしています。

よろしくお願いします!

それではまた、再見!

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

嫉妬。
わたしは嫉妬しています。

何に対してかというと、人の才能に対して…。

先日、このブログの片思いリンクにも入っている、

livedoorのファンタジスタ、ねじまき鳥さんのブログ「ねじを巻け、そして服を脱げ。」で大喜利大会が催されたのです。

お題はというと、


○○を語りたくなる
○○に出会った。



ミーハーなわたしは早速参加したのでした。

しかし、その参加者の中で、これまた片思いリンクしている「そう、妄想も嘘。」のウチダシンスケさんの姿が…。

以下、無断で抜粋。

お逃げなさいとか言ったくせに後からトコトコついてきて、今度はお待ちなさいとか呼び止められて、そしたら白い貝殻の小さなイヤリングを渡されて、終いにはララララ歌まで歌わされた、そんな理不尽な出来事について、一回しっかり膝をつき合わせて語りたくなる

クマさんに出会った。



うまい!!うますぎる…、座布団3枚です。

当然わたしの作品は落選し、ねじまき鳥さんをして「FC2の静かなる首領(ドン)」と言わしめるウチダさんの作品は見事採用されていました。

わたしが何と書いたかは聞かないでいただきたい。

しかし、ウチダさんが他のブログにコメントを書いている、ということも驚きましたね。

自身のブログではコメントもトラバも受け付けていないのですから。

次回の大喜利大会にも当然エントリーするつもりです。

しかし、わたしがどんなしょうもないことを書いていようとも、このブログでコメントすることは止めてくださいね(^_^;)。

ハラキリものです。

こっそりとせせら笑っていてください。

よろしくお願いします。

それではまた。

テーマ:それだけの事なんだけどね、 - ジャンル:日記

おめでとうイングランド。
最近、異常なほど更新の頻度が下がっています。

そんなに忙しいという訳でもないのですけど、普段ならブログの更新している時間にワールドカップがあるもので…。

だって見たいんですもの…。

それとは別にもろもろの事情が絡み合っておりましてね。

実は帰宅。の回で書いたやんごとなき理由というのがそれなんですけど、今ルームメイトがいるんですよ。

北京のお偉いさんの姪っ子で、今うちの会社で働いている女の子。

以前、わたしが引越しした後にやって来てて、わたしと入れ替わりに前の家に入ってたんですけど、出勤が遠くてつらいということで今の家に引っ越してきたわけです。

でも男女が一緒に住むのもいろいろ不便なので、それでまた元の家に戻ろうかと考えていたのですよ。

仕事の関係もあって、わたしも近い方がいいので結局そのまま同居生活です。

この子27歳なんですけど、全くの世間知らず…。

このFC2ブログでは毎回厳しく世相を斬り、社会派ブロガーとしての地位を築きつつあると噂されているわたしに対しても傍若無人な態度をとり続けておるのです。

毎日子守りに追われてブログの更新もままならない、そんな状況なのです。

やっとのことで寝かしつけてワールドカップを見ていると寝る時間。

題名を「おめでとうイングランド。」としていながら愚痴っぽい内容になってしまいました。

ということで、

イングランドが無事、決勝トーナメントに進みました。

さすがにきっちり勝ってきますね。これからが楽しみです。

G子にもがんばってもらって、足を引っ張らない采配をしてもらいたい。

それがわたしの今の望みです。

最後にもう一度、しつこいようですが、

おめでとうイングランド!

それではまた、再見!

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

2006中国瀋陽世界園芸博覧会。
世界園芸博覧会1

もっと瀋陽を知りたい方→「瀋陽紀行


正確には5月末に行ったんですけど、瀋陽の世界園芸博覧会に行ってまいりました。

こちらでは「世博園」とか「世園会」なんて呼んでます。

写真は裏門なんですけど、撫順から行くと裏門に着いてしまうんですよね。わざわざ正門まで回るのも面倒なので、裏門から入りました。

チケット代は50元(約750円)で、門のそばにいるダフ屋から買うと45元で買えます。

行ってみて気付いたんですけど、この会場、元の植物園ですね。

学校の遠足なんかで2,3回行ったことがあったんですけど、今回近代的になってて、前の素朴な植物園を知る者としては、少し残念な感じがしました。

中に入ると、各省や都市にちなんだ庭園が数多く造られています。

いろんな建物の中で、中心になるのが四大建築。

まず「鳳凰の翼

世界園芸博覧会2


特に意味があるわけではなく、これが正門ですね。中から写真を撮ってきました。

そして「バラ園」。

写真がないんですけど、温室になってて、文字通りバラがたくさん植えてあります。

まぁ、普通にきれいですよ。

そして「百花館

世界園芸博覧会3


中にはいろんな国の庭園をテーマにしていろんな花が植えてあります。

ちなみに日本のコーナーもあって、札幌の紹介がされてました。

この中に気になる売り場がありましてね、「君子蘭」(日本ではなんて言う名前か知りません)っていう花が売られてました。それがこちら↓

世界園芸博覧会4


値段なんと2千万元!!!

日本円にして約3億円です…( ̄Д ̄;)

いくらなんでもおかしいと思いましてね、値切ってみました(^o^)。

するとおじさんは「売りもんじゃないから」

これが中国的商法ってやつでしょうかね?何億円もすると言っておいて、そのよこで20元(約300円)か30元(約450円)のちっちゃいのを売っている。

思わず買っちゃう気持ちも分かりますよね。実際1個記念に買いましたから。

そこを抜けて今度は「百合の塔」。

世界園芸博覧会5


平日にもかかわらず、ものすごい人だったんですけど、この塔に登るのに100元(約1500円)かかるので、1人もいませんでした(^_^;)。やはりちょっと高いんですね。

中心になるのはこの4つなんですけど、その他にもお金はかかりますけど騎馬戦なんかもあります。わたし達は時間の関係で見てないんですけど、全部見ると110元(約1650円)かかるようです。

実際行って、興味があったら見てみたらどうでしょうか?

とまぁ、こんな感じです。

日本で開催されててもなかなか行く機会ないですからね、瀋陽近郊にいる方は行ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

それではワールドカップの日本戦が始まりましたので応援します!!

それではまた、再見!

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

ワールドカップ開幕。
いよいよワールドカップが開幕しますね。

みなさんはどの国を応援してるのでしょうか?

わたしは個人的にはイングランドを応援してるんですよね。

ミーハーと言われようがベッカムが好きなんで、やってくれるのではないかと。

98年の大会のアルゼンチン戦で退場処分をくらって国中の批判を受け、

日韓共催の02年大会でアルゼンチンにリベンジを果たし、

集大成の今大会で優勝と、そんなドラマもいいんんじゃないかなと思うわけです。

前回も優勝したブラジルに途中までリードしてたわけですからね。

今回、選手も脂の乗ったいい選手が揃ってますから。

あとはフランス

ジダンも引退するし、アンリも円熟期ですからね。

何を隠そう、この2チーム、わたしがプレステのウイニングイレブンで使っているチームなのです。

分かる人には分かるゲームなんですが、高校時代の友達と日本に帰ったときには毎回ワールドカップを開催しているわけです。

トロフィーまで用意してゲームに興じる35歳のおっちゃん達…。

妻帯者は「バカじゃないの?」と罵られながらがんばっているのです。

トロフィーを用意する時点でおっちゃん丸出しなのですが、そこはプライドのぶつかるワールドカップ、みんな真剣です。

なので、この2チームが優勝するとゲームのデータも良くなるだろうという、そんな大人の嫌な部分もさらけ出して応援してるのであります。

これから寝不足の日々が続くことでしょう。

日本より1時間遅いことがせめてもの救いでしょうか。

サッカー好きのみなさん、ドリンク飲みながらがんばりましょう!

みなさんの意見なんかもコメントしてくれたらうれしいですね。

それではまた、再見!

テーマ:ワールドカップ応援日記 - ジャンル:日記

中国的医療事情その3。
中国の医療事情をその1その2で紹介してきた訳なんですが、今日は第3弾です。

中国に長期(半年以上)で留学したり、就職したりするときには、ビザの申請時に外国人体格検査記録という書類を提出しなければなりません。

まぁ、わかりやすく言えば身体検査しなさいってことですね。

一般的には日本の国立病院で受けないといけないってことになってるんですけど、実はわたくし、留学のときも就職のときも中国で身体検査を受けてるんですよ。

なので、わりと裏ワザ的な話になっちゃうかもですね。

日本人の友達なんかに聞くと、身体検査ってかなり大変らしいですね。人によっては2日がかりで、しかも費用が何万かかかってしまう。

そこへいくと、中国で受けるととってもお得です。

だいたい400元(約6000円)くらい。

どこの都市でも中国人が出国するときに検査する専門の部署があるので、そこで受けられると思いますよ。

留学の申請のときだと中国語ができない人が多いと思いますので、日本で受けた方が安心だと思うんですけど、留学してて就労ビザに切り替える、なんて方は中国にいる間に中国で受けることをお勧めします。

就労ビザに切り替えるときは一度出国しないといけないんですけど、日本の中国大使館、領事館で就労ビザ申請するときにも全く問題ないです。

わたし自身がそうやって中国で書類を完備して帰国してますから大丈夫でしょう。

とまぁ、ここまで全然医療事情ではないんですけどね、実際に身体検査を受けた感想などを少々。

まず、日本では1日がかりの検査も、中国ではなんと正味30分!

最初通訳を頼んだ友達も驚いてましたね。

その友達は日本で2日がかりだったらしいのでなおさらです。

あと、驚いたのが胸部レントゲン。

大きな台に乗せられて、ウィーンって動いていろんな角度からリアルタイムでのぞいてました。写真は正面のを1枚撮るんですけど、レントゲン写真は結果を受け取るときに持ち帰ります。

その他は心電図だったり視力検査だったりなんですが、血液検査もおもしろいですよ。

これは病院でもそうなんですけど、日本では血液を注射器で採取したあと、血が出るんで小さなテープを貼ってくれますよね?

でも中国では、綿棒に薬を浸したもので自分で押さえてないといけないんですよ(*_*)!!

すぐ止まるといえばそれまでなんですけど、今まで血液検査したときには、すべてこの方式でしたね。他の都市はどうなんでしょう?

血液検査にはAIDSも含まれてるので、かなりドキドキしながら結果を受け取ったんですけど、陰性だったのでひと安心です(といっても身に覚えはないんですよ!!)。

結果も1日か2日でもらえると思いますし、これから検査が必要な方は中国で受けてみたらどうでしょうか?

もちろん、自己責任でお願いしますね!

題名ほど医療事情の話ではありませんでしたが、今日はこの辺で。

それではまた、再見!

テーマ:本日の日記 - ジャンル:日記

勉強机。
和製中国語というカテゴリーを作って、中国人的に日本語はこう見える!っていうことを考察していきたいと宣言して早2ヶ月…。

その頃から見ていただいてる方はどのくらいいらっしゃるのでしょう?(知らない方はこちらへ→大丈夫。の回)

忘れた頃にやってくる和製中国語、今回は


 「勉強机」


さて、「勉強机」と言えばみなさんご存知ですよね?勉強をする机です。

これが中国人的にどう見えるか、と申しますと。

中国語で「勉強」というと、「無理強いをする」という意味になります。ちなみに勉強のことは「学習」といいます。

そして「机」という字は「機械」の「機」のことなのです。ちなみに机は「桌子(ジュオズ)」といい、勉強机のことは「学習桌(シュエシージュオ)」と言います。

ここまで言えば勘のいい方はお察しでしょう。

「勉強机」は中国人的には、「無理強いをする機械」、

すなわち、「拷問の機械」って意味になるのですよ!

学校に入る新一年生に「勉強机を買ってあげよう」なんて言おうものなら、


「てめぇをヒイヒイ言わせてやるぜ!ウヒャヒャヒャヒャ!」となる訳です。


ドS丸出しの言葉に変わってしまうわけです。

子供も震え上がること間違いなしです。

それにしても、日本人ってどんだけ勉強嫌いだったんでしょうね?

確かに拷問を受けるようだ、といえばそうなんですけどね…。

今度から誰かに机を買ってやる機会があるとしたら、ニヤっと笑ってしまいそうです。

中国人の子供に机を買ってあげる機会をこれから待っていたいと思います。

それではまた、再見!

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

撫順の農村。
もっと撫順を知りたい方→「撫順紀行


以前中国的医療事情で紹介した撫順一のゴッドハンドの持ち主と言われる先生の招待を受けまして、撫順の農村へ行ってきました。

↓こんな道を通って行きます。
農村へ1


先生の出身がその農村らしいんですよね。

鉄嶺市との境界にある山里で、哈達というところ。

撫順市内から車で1時間弱のところなんですけど、全く何も無い!

果てしなく畑が広がった世界は日本ではなかなか見れない感じがしますね。

山があって、それっぽい景色は日本でも見たことあるというか、両親が山里の出身なので、結構身近に感じたりもするんですけど、規模が全く違います。

すべてが日本の景色の何倍かに拡大された感じ。

食事をしたのは山の中にある国立の森林で、広大な敷地に松が何種類も植えてあり、植林のために種を取ってるらしく、苗木もたくさんありました。

きのこやら山菜がかなりウマかったです!(*^_^*)

中国人お得意の白酒(中国の焼酎みたいな酒、アルコール度数が50度くらい)の乾杯攻勢ですっかり飲まされて、写真を撮るどころではなくなってしまいました…(^_^;)。

雨が降り始めたので帰りの道が走れなくなると困るのですぐに帰ることになったのですが、死んだように眠ってしまい、途中で降りた人には全く気付くことなく、家に着いて起こされました。ははは…。

ほこりっぽい荒涼とした景色ばかり見てるので、なんか心が洗われる感じがしましたよ。

撫順というところは水が豊富なところで、自然もかなり残ってるんですよ。そういう汚染の無い自然のものをビジネスに結び付けられたらなぁ、と思ってるのですけどね。

その視察も兼ねてたのですが、酒に飲まれてしまいました…(*_*)。

1人ではなかなか行けないので、また連れて行ってもらいたいなぁ~。

農村へ2


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

帰宅。
今朝の便でお客さんは帰国されまして、家に帰りました。

やはり観光案内は疲れますね。

買い物に連れて行ったり、スケジュールは詰まってないのでよかったんですけど、朝、昼、晩(寝るまで)酒を飲むのはいささか疲れました。

しかもですね、前にもマッサージのことを記事にしたことがあるんですけど(→こちら)、今回も行ってきたんですよ。

もともとマッサージ苦手なんですけど、えらいことになってしまいました…。

マッサージが終わった直後から気分が悪くなってですね、背中が痛くてしょうがない。

腸の辺りも痛くて、次の日はほとんど寝たきりでした…(*_*)。

たまたま予定が無くて、休養日だったので助かりましたが、マッサージで具合悪くなることもあるようですね。

わたしの場合、毎回気分は良くはならないので、マッサージはやらない方がいいようです。

サウナにも行ったんですけど、そのときは風呂だけ入って、マッサージは通訳として同席だけして隣で寝てました。

こんな体質はめずらしいんでしょうね。

それとは別に、やんごとなき理由により、再度引越しすることになりそうです(-_-)。

仕事もあるし、しばらく心を落ち着かせることができないようです。

それではみなさん、おやすみなさい…(-_-)zzz

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。