ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北京~明十三陵(定陵)。
明十三陵(定陵)1

明十三陵(定陵)2


万里の長城に続いてやってきたのが明十三陵の定陵

明十三陵というのは、明の時代、第3代の永楽帝以降の皇帝13人のお墓のこと。

明はもともと南京が首都で、永楽帝が北京に首都を移したのです。

で、

この定陵は第14代万暦帝のお墓。

この万暦帝というのは日本でいえばちょうど豊臣秀吉と同時期で、秀吉の朝鮮出兵に対して朝鮮へ援軍を送ったことと、自分のこの墓を巨額の費用を投じて作ったことが明の滅亡を招いたと言われています。

こうして全く別の国の歴史として認識していたことが線になってつながると、あぁ歴史っておもしろいなぁと思ったりしますね。

また、ここの特徴は地下宮殿で、お墓を発掘して一般公開しているんですよ。

入場料は65元(約1040円)。ちょっと高いです。

これは以前、長陵(永楽帝の墓)に行ったときに心得として現地のガイドさんが言ってたんですが、下の写真の真ん中あたりに門がありますよね?


明十三陵(定陵)3



ここはお墓でこれから先は死後の世界だということで、「中に入るときは門をくぐらずに横をすり抜けて、帰るときにこの門をくぐってください」って言うんですよね。

そして門をくぐるときに、男は左足、女は右足(これ間違ってたらすんません)からくぐって、


「我回来了!」(帰ってきたぞ!)


と言ってください、と。死後の世界から無事に帰るための心得なんだそうです。

この日も大勢のツアー客が声を合わせて叫んでいました。もちろんわたしも…(^_^;)

そして奥へ進んでいくとメインの地下宮殿があります。


明十三陵(定陵)、地下宮殿


中には棺のレプリカなんかが置かれているんですけど、さすがにここ、お墓の中なんでね、写真を撮るのは自粛してきました。出口の写真ですがこれで勘弁を。

お客さんの中には棺をバックに記念撮影してる人もいたりして、なんとなく違和感。

敷地自体はそんなに広くもなくて、すぐに見終わると思います。

最後、帰ろうとして見つけたこの看板。

非常に親切に書いてあるんだと思うんですよ、思うんですが…



出口



「でぐち」って読みがな要らねぇよ!(笑)


この後空港まで行き、無事に撫順への帰途につきました。

そして飛行機を降りると、そこは雪国だった…。(やっぱ中国は広いや)

~おわり~


北京をめぐる→「北京の旅」へ

北京のタクシーが見たい→「北京のタクシー」へ

北京の駅が見たい→「北京駅」「北京西駅」へ

スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

北京~万里の長城(八達嶺)。
万里の長城1


次の日に向かったのは万里の長城と明十三陵。

この日は夕方5時の飛行機に乗らないといけなかったので、時間節約のため、朝からタクシーをチャーターしての観光になりました。

北京市内→万里の長城→明十三陵→北京空港

この行程で1日600元(約9600円)、高いかどうかはよく分かりません。

万里の長城というのは何ヶ所か見れるところがあって、一般的には我々が行った「八達嶺長城」がメジャーだと思います。現地のツアーでもほとんどが長城はここになってます。

わたしたちは年配者も一緒だったので、迷わずロープウェイで登りました。


入場料  45元(約720円) 学生、60歳以上は25元(要証明)

ロープウェイ  片道40元(約640円)往復60元(約960円)


そして歩いて下まで降りようという寸法です。

北京市内が結構暖かかったので考えてもいなかったのですが、長城はめちゃ寒かった!!

これから長城に行く方は完璧な防寒対策が必要です。

とはいえ、この日は天気がものすごく良くて、綺麗な青空。

前回行ったときは真夏だったこともあり、死にそうな顔で写真に写っていたんですけど、長城の上で歩くことを考えると、多少寒いくらいが個人的にはちょうど良かったですね。


万里の長城2

万里の長城3


抜けるような青空で、絶好の写真撮影日和!!

紅葉もあって、この時期の長城観光はかなりお勧めかもしれません。

前回が暑さに参って、景色も霞がかかったようで写真もイマイチだったので、今回は見事にリベンジを果たしたような感じで非常に満足です。

やはりわたしの日頃の行いの良さなんでしょうね~(じゃあ、前回はなんだ)


万里の長城4


「可能なら一度、誰も居ない長城で写真を撮ってみたい。」

そんなことを思った1日でした。

それでは今日はこの辺で。


北京をめぐる→「北京の旅」へ

北京のタクシーが見たい→「北京のタクシー」へ

北京の駅が見たい→「北京駅」「北京西駅」へ


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

北京~故宮博物院。
天安門


さて、今回は天安門をくぐって故宮博物院へ入っていきましょう。

故宮は別名、紫禁城と呼ばれたりもする中国を代表する歴史的建造物。

古くは元の時代フビライ・ハンがここに居城を置いたのが始まりで、その後、明の時代になって第三代永楽帝が首都を南京から北京に移す際に大改修されたので、多くの建物が明の永楽帝の時代にできたものです。(実際にはその後再建されてますが…)

明を破ったも第三代の順治帝が首都を瀋陽から北京に移し、この城に入って後金から大清帝国となります。
(瀋陽故宮は→こちら

そうやって歴代の皇帝が宮殿として使っていたわけです。

天安門をくぐると、まず大きな広場があって、その先に午門という大きな門があり、そこからが有料になります。(入場券売り場は左右両側にあります)

値段は60元(約960円)

↓午門↓
北京故宮、午門


北京の故宮はとても広くて、ゆっくり見て回ろうと思ったら、一日は余裕でかかってしまいますので、興味がある方は日程の組み方も良く考えないといけません。

我々は時間がないこともあって、駆け足でざっと見てきました。

ざっと見ると言ってもかなり広いですからね、石畳でもあるし靴も歩きやすいものがベスト。

ただ、5月の記事でも書きましたが、現在、残念なことにメインの太和殿が改修中です。


太和殿

故宮←2007年5月9日時点


5月の時点と比べると、屋根のカバーが外れていたり、きちんと作業は進んでいるようです。
(でもオリンピックまでそう時間もないのに間に合うんでしょうか?)

きれいになった太和殿も早く見てみたいですね。(何回行くんだ!って話)


↓ちなみに改修前の太和殿↓
太和殿2


太和殿というのはいろんな儀式に使われていた建物で、その他にも政治を行ったところや寝室、数え切れないほどの建物でいっぱいです。とてもそのすべてを紹介はできません。

そんな中でわたし的に気になったのがこちら。


4つ星トイレ



なんと4つ星トイレ!!


トイレに等級が付いてるなんておもしろいですよね(笑)

こうなったら次は5つ星トイレを探さなければ!!(って、あるんでしょうか?笑)

それと、無くなるという噂を聞いてて確認をいつも忘れてしまう、故宮内にあったスタバ、その後どうなったかご存知の方はご一報ください!


故宮のスタバ
↑写真は2004年7月です↑


役に立たない記事でしたが、ちゃんとした説明は別のサイトで見てくださいね!(^_^;)

それではまた。


北京をめぐる→「北京の旅」へ

北京のタクシーが見たい→「北京のタクシー」へ

北京の駅が見たい→「北京駅」「北京西駅」へ


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

北京~天安門広場。
天安門
↑中国といえば天安門↑


10月27日の朝に淮南市を出発してやってきたのは北京市。

そして目指すは天安門広場!ここは外せませんね。

まぁ、いろんなところで紹介されているんで、今さらここで記事にすることもないベタな場所ですが、普段マイナーな場所ばかり記事にしている感じがするので一応…(^_^;)

写真は今回のものではなく、今まで行ったいろんな時期のものが混じってて、天気なんかもバラバラですが、それは気にしない方向で。

広場の全体が分かる写真がないのですが、天安門から広場を見るとこんな感じ。


天安門広場


南の端の正陽門(前門)までが広場で、かなり広いです。


正陽門
↑正陽門(前門)↑


この広場の周りには中国の国会議事堂、人民大会堂中国歴史博物館、広場内には毛主席紀念堂があって、観光客で毎日大賑わいです。

数年前SARSが流行ったときに、ニュースで人がいない天安門広場の映像が出てましたが、今では考えられない光景ですね~(あぁ、月日の経つのがはやいこと…)


人民大会堂
↑人民大会堂↑

中国歴史博物館
↑中国歴史博物館↑

毛主席紀念堂
↑毛主席紀念堂↑


毛主席紀念堂には毛沢東の遺体が安置されていて、身分証明書(外国人の場合パスポート)さえ提示すれば無料で見学できます。ただ荷物はすべて預けさせられて、中で写真なんて撮らせてもらえませんのであしからず。

あまりにもメジャーで、見ると「あぁ、中国だ!」と思える一番の場所なんじゃないかと思いますのでね、まずは明るいうちに訪れることをオススメします。

もちろん広場だけなら無料です♪


北京をめぐる→「北京の旅」へ

北京のタクシーが見たい→「北京のタクシー」へ

北京の駅が見たい→「北京駅」「北京西駅」へ


テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。