ゆ~しゃんの「中国見聞録」
日本に帰ってきました。世界の駅、タクシーの写真を送ってください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撫順の春節(旧正月)その2。
明けちゃいましておめでとうございます。

と言っても日本の方にはまったく実感のわかないことでしょうね(^_^;)

春節がどんなものなのか、言葉でいくら説明したところで伝わらないと思ったので、映像をアップしてみます。

がんばってyoutubeにアップしてみましたよ。

動画をそのままアップするより、youtubeの方がソフトも要らないし、みなさんが見やすいのではないかと思って。それにfc2で動画のアップするのは結構制約があるみたいなんですよね。

ということでこちら↓


なんとかアップできました…(^_^;)

がんばった自分を褒めてあげたいと思います(笑)

これくらいさらりとやってのける程度にもっとパソコンのスキルを上げねば…ははは…(^o^;)。

さて、

ここで忘れてはならないのが、この花火はすべて個人で勝手に上げているものだということ。

夜の11時くらいから12時過ぎまで鳴りっぱなしです。

いったい中国全土でどのくらいの金額になるんだろうなぁ…。
スポンサーサイト

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

撫順の春節(旧正月)。
中国では今日は日本で言うところの大晦日。

新年の買い物に行ってきました(今頃かい!!)

↓花火売り↓
2007春節1


中国の旧正月というのは日本の正月とはまったく趣を異にします。

こういう花火と爆竹を買って夜の12時に一斉に鳴らすわけです。

この日は昼の2時~4時くらいに一度食事をして、夜の12時にみんなで餃子を食べる。それが中国流。昼に食事するときも、みんなが揃って食べ始める前に爆竹を鳴らします。

この爆竹っていうのは、日本で言う節分に似た意味合いがあるそうです。

鬼を追い出して福を招き入れる。

福を招き入れるために今日中にこんなものを買って、

2007春節2

2007春節3


玄関に貼ったり、部屋の中に貼ったりするんですよ。

これはわたしの家の玄関、今日買ってきました。

2007春節4


まぁ、さっき夜の12時と言いましたが、昼過ぎから途切れることなく爆竹と花火の音が聞こえてきてて、この記事を書いてる今もうるさくてしかたない。かなり先走ってます。

これが12時になるとものすごい爆音が響き渡るという、こればかりは一度体験しないと理解できない習慣ですね。

中国で過ごす春節はこれが3回目。

小さい頃からこの環境で育ってたら、そりゃあ血が騒ぐだろうなぁ。

中国の春節についてはこちらで勉強してくださいね。
http://www.allchinainfo.com/culture/holiday/chunjie.shtml
「中国まるごと百科事典」より。

休みが2月末までなんで、どこか旅行でもしようと思います。

行った先の春節の状況もお知らせしますね。

億劫になったら行きませんけど…┐(  ̄ー ̄)┌ フッ

それではみなさん、祝你新年快楽!!

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

殺猪菜。
今日は再び撫順の農村へ行ってきました。(前回は→こちら

中国の風習で春節(旧正月)の前にブタを食べるみたいなんですよ。

殺猪菜。(猪は中国ではブタの意味)

写真がないのが申し訳ないんですけど(完全に酒に飲まれてる…)、美味かった!!

ブタ1匹と羊2匹を料理してくれてたんですけどね、街中で食べる肉よりずっと美味い!!

たまにはこんな料理もいいもんだなぁ、って思いました。(毎日だとくどい)

ところで今回もゴッドハンドの先生の招待で行ったわけなんですが、農村の家に入るのって初めてだったんですよ。

真ん中にキッチンというか台所があって、それを挟んで部屋が2つ。

トイレは外…(冬は寒いよね、水道も無かったし)

部屋には一段高くなった場所があって、床暖房(オンドル)になってます。(これがまたあったかい!)

農村ってかなり条件悪いイメージがあったんですけど、寒さに関してはかなり対応できてるみたいですね。見た感じ農村ではかなりいい家ではあったので他の家はわからないけど。

なんか人もあたたかくて、いい1日でした。

昼過ぎに帰ってきて、5時過ぎまで死んだように眠ってました。(酒に飲まれすぎ、まだ気分悪いし…)

そしたらすでに春節モードみたいで、街中花火や爆竹で大騒ぎです。

日本と違って大騒ぎ。

ひさびさの春節、楽しみだ!!

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

撫順より中秋の名月レポート。
昨日書いたように、今日は旧暦8月15日で中秋の名月。

ニュースを見る限り日本は天気悪いようですね。

ただ、中秋の名月と本当の満月はずれるのが多いようで…。

言われてみれば撫順から見える月もちょっと欠けてる感じ。

とはいえ今日は中秋節のお祭りなので、月が見えない日本のみなさんに中秋の名月のおすそ分けです。

2006中秋の名月


いかがでしょう?

写真で見る月もおつなものでしょう。

今日はこの月を見ながら先生と月見酒と洒落込んでいたわけです。

日本にいるとなかなかそういう気分にはなれないと思うのですが、

たまには月を愛でて感傷に浸る…、

そんな日もあっていいんじゃないでしょうか?

世知辛い世の中だからこそ、心に余裕を持ちたいものです。

それではみなさん、


 中秋節快楽!(中秋節おめでとう!…中国ではこう言います)


テーマ:中国の生活 - ジャンル:海外情報

撫順の中秋節商戦。
明日10月6日は旧暦の8月15日、中国では「中秋節」といって春節に次ぐお祝いの日です。

日本でも「中秋の名月」といいますよね。ただ日本では月を見るくらいで、特別何かした記憶はないんですが、中国では満月を家族団欒の象徴と捉えお祝いするようになったみたいですね。

わたしも詳しくないのでとりあえずググッてみました。


参考になりそうなサイトさんを勝手に紹介。

 日本の中秋の名月について
  「こよみのページ」
   http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0710.htm

 中国の中秋節について
  「中国まるごと百科事典」
   http://www.allchinainfo.com/culture/holiday/zhongqiujie.shtml


どうでしょう?参考になりましたか?

明日がその中秋節ということで、ここ撫順でも月餅商戦が最後の追い込みを迎えております。

中秋節の賑わい

撫順で一番のデパート前に設置された月餅売り場ですが、

みんな群がるように買ってますね。

こういうバラ売りのやつは1個1元(約15円)くらいから売られていて、10個買って3個おまけとかそんな感じ。

その他にもきれいな箱入りのものも売られていて、それは20元(約300円)くらいからでしょうか。上は300元(約4500円)、400元(約6000円)とか高級なものまでいろいろ種類があります。

2006月餅


これは50元(約750円)と安いですけど、こんな風に酒が入っていたり、ひどい人になると箱の底にお金を忍ばせたりと賄賂の温床になっているという指摘もあるほどです。

じゃあ、この月餅、結局ウマイのか?というと、正直わたしは苦手です ┐( ̄ヘ ̄)┌

スーパー毛虫パンのときにも言ったように、かなりの甘党であるわたしが食べても全部食べきれません、甘すぎ!

どんなものか知らない方のために、

2006月餅2

2006月餅3


これが月餅です。写真はイチゴ味(草苺=イチゴ)。

まぁ、月餅はどうでもいいので、明日は「普段空なんか見ないよ」って方も、


 月を見ましょう!


終わってから言っても遅いですからね、今日の記事にしときました。

それではまた。

テーマ:中国の生活 - ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。